2015/03/14(土)第1回戦

福岡ソフトバンク vs 中日

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  中日ドラゴンズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
  福岡ソフトバンクホークス 1 0 0 1 3 0 0 0 X 5 8 0

13:00試合開始|ヤフオクドーム
第1回戦 1勝0敗0分|快晴|観客数:32,984人

攝津投手が万全の5回無失点! 打線はアーチ2発

エースは来たるべき「3・27」に向けて、万全の状態を整えている。先発は4年連続開幕投手が決定している攝津正投手。直球のキレ、カーブの曲がり、シンカーの落差全てにおいて申し分なく5回無失点と好投した。5回にはノーアウト満塁のピンチを背負ったが、浅い外野フライと併殺打でピンチを乗り切った。全く慌てることのないマウンドさばきは風格も十分だった。
打線も活発だ。初回は本多雄一選手の三塁打を足がかりに先制点を挙げると、4回には中村晃選手が「ANAホームランテラス」にソロ本塁打を放ち追加点。5回には長谷川勇也選手にもオープン戦1号弾が飛び出し、さらに本多選手のこの日2本目となる長打(二塁打)から内川聖一選手のタイムリー二塁打、李大浩選手のタイムリーと打線がつながり得点を重ねた。
また、リリーフ投手陣はまたも好投で、今オープン戦4試合目の完封リレーを飾った。