2015/03/21(土)第2回戦

福岡ソフトバンク vs 広島

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  広島東洋カープ 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 4 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 3X 3x 7 0

13:00試合開始|ヤフオクドーム
第2回戦 2勝0敗0分|快晴|観客数:34,160人

9回逆転サヨナラ! 明石選手が決めた

オープン戦の本拠地最終試合は鮮やかな逆転サヨナラ勝ちだった。0-2で迎えた9回裏、先頭の今宮健太選手が内野安打、本多雄一選手の四球から1アウト一、三塁のチャンスを作ると、3番・柳田悠岐選手が左中間フェンス直撃の二塁打を放ち1点差。なおも二、三塁に走者を置いて途中出場の明石健志選手がライトへ痛烈なヒットを運び2者が生還。見事な逆転サヨナラ勝ちの殊勲者となった。工藤公康監督も「あのような場面で割り切った気持ちでバットを振れる。チームには欠かせない選手」と高評価。そして「9回の攻撃では周り(のコーチ)から『監督、サイン!』って言われちゃいました。喜びすぎたかな」と照れ臭そうに笑みを作った。
投げては先発のスタンリッジ投手が6回1失点の好投。サファテ投手は9回に登板して3者連続奪三振と完ぺきな投球を見せた。オープン戦では5イニングで10奪三振という驚異的なピッチングを見せており、今季も守護神として君臨することは間違いない。