2015/04/01(水)第2回戦

福岡ソフトバンク vs オリックス

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  オリックス・バファローズ 1 0 0 0 1 8 0 0 0 10 12 0
  福岡ソフトバンクホークス 0 3 1 0 0 0 1 2 0 7 11 0

18:00試合開始|ヤフオクドーム
第2回戦 1勝1敗0分|快晴|観客数:31,198人

乱打戦を制することができず、悔しい逆転負け・・・

[1回表]
先発・武田、フォアボールと4番・中島のヒットで1・3塁のピンチを招くと、5番・T-岡田にタイムリーを浴びて先制点を奪われます・・・

[2回裏]
6番・長谷川のヒットなどで1・2塁のチャンスを作ると、7番・松田が3ランHRを放ち逆転に成功します!

[3回裏]
先頭・今宮がツーベースで出塁すると、3番・柳田がタイムリーを放ち1点を追加します!

[5回表]
武田、7番・坂口、8番・安達の連打などで2・3塁のピンチを招くと、内野ゴロの間に1点を返されます・・・

[6回表]
武田、4番・中島にソロHRを浴びて1点差に詰め寄られると、6番・小谷野、7番・坂口、8番・安達に3連打を浴びてしまい4-5と逆転を許します・・・。
続く1・3塁のピンチに2番手・飯田が連続タイムリーを浴び、4-7とリードを広げられます・・・。
さらに続く満塁のピンチで3番手・森が押し出しフォアボールとタイムリーを放たれ、3点を追加されます・・・

[7回裏]
先頭・松田がツーベースを放ち3塁まで進むと、1番・中村がタイムリーを放ち1点を返します!

[8回裏]
3番・柳田がヒットで出塁すると、5番・李大浩がタイムリーツーベースを放ち1点を返します!
さらにこのあとフォアボールなどで1・3塁にチャンスを広げると、7番・松田が犠牲フライを放ち1点を返します!

[9回裏]
あえなく三者凡退に終わりゲームセット・・・

先発・武田は序盤は好投を見せるも6回にオリックス打線につかまり、7失点で降板となりました。
一方の打撃陣は3番・柳田、7番・松田の猛打賞などで、11安打7得点を奪うも、6点差をひっくり返すことはできませんでした。