2015/04/18(土)第5回戦

千葉ロッテ vs 福岡ソフトバンク

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
  福岡ソフトバンクホークス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 2
  千葉ロッテマリーンズ 1 1 0 0 0 7 0 0 X 9 10 0

14:00試合開始|QVCマリン
第5回戦 2勝3敗0分|快晴|観客数:18,565人

攝津、6回に踏ん張れず・・・ 打線も無得点に抑えられて完敗…

QVCマリンで千葉ロッテとの3連戦の2戦目を戦います。
ソフトバンクは、攝津が先発マウンドに上がります。

[1回裏]
先発・攝津、先頭の1番・荻野にツーベースを打たれ、送りバントで3塁まで進まれると、3番・今江のタイムリーで1点先制されます・・・

[2回裏]
攝津はフォアボールとツーベースでノーアウト2・3塁のピンチを招くと、内野ゴロの間に追加点を与え0-2とされます・・・

[6回裏]
攝津、2アウトからフォアボール、味方エラー、ヒットで満塁のピンチを招くと、1番・荻野に走者一掃のタイムリースリーベース、続く2番・鈴木にタイムリーと連打を浴びて0-6とリードを広げられます・・・
2アウト1・2塁で代わった2番手・二保、連続フォアボールによる押しだしで1点を追加されると、6番・クルーズに2点タイムリーヒットを浴びて0-9・・・

[9回表]
最後は9番・高田が空振り三振に仕留められてゲームセット・・・

先発・攝津は粘り強いピッチングを見せるも、6回に捕まり6回途中8失点で降板となり2敗目を喫しました。
一方の打撃陣は1番・中村が2試合連続の猛打賞と気を吐くも、得点を奪うことができませんでした。