2019/11/24(日)プレスリリース

2020年2月29日(土)「福岡PayPayドーム」誕生

2019年11月24日
PayPay株式会社
福岡ソフトバンクホークス株式会社

PayPay株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員CEO:中山 一郎)と福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長CEO:後藤 芳光)は、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である福岡ドームの名称を、2020年2月29日(土)より、「福岡PayPayドーム(略称:PayPayドーム)」に変更することをお知らせします。また、今宮健太選手と髙橋純平投手を2020年度のPayPayアンバサダーに任命し、両選手は福岡PayPayドーム内外で、スマホ決済サービス「PayPay」のPRを担います。
両社は、2019年3月より、飲食やグッズ販売、スタンド内飲料販売(売り子販売)、ワゴン、スーパーボックス、チケット売り場にスマホ決済サービス「PayPay」を導入し、多くのファンの方々に便利でお得なキャッシュレスでの観戦をお楽しみいただいています。2020年春に開業するドーム隣接の複合エンターテインメント施設「E・ZO FUKUOKA/イーゾ フクオカ」を含め、今後も「PayPay」を牽引役として、ドームおよび周辺地域のキャッシュレス化を強力に推進し、誰もが便利に楽しめるスタジアムを目指します。

以上

名称について

正式名称

福岡PayPayドーム

略称

PayPayドーム

英文表記

FUKUOKA PayPay Dome(注:”FUKUOKA”と”PayPay”と”Dome”の間はそれぞれ半角スペース)

福岡PayPayドーム ロゴ

1行組

2行組

福岡PayPayドーム 外観イメージ

2020年度 PayPayアンバサダー

今宮健太選手
髙橋純平投手

「PayPay」について

ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社のスマートフォン決済サービス。ユーザーは、事前にチャージしたPayPay残高、またはクレジットカードから決済手段を選択でき、実店舗やオンラインサービスでのお支払いにご利用いただけます。大型チェーン店だけでなく、日本全国の小さなお店にも急速に拡大中。PayPay残高へのチャージは、銀行口座などからのオンラインでのチャージに加え、お近くのセブン銀行ATMなどでも可能です。また、ユーザー間でPayPay残高(PayPayマネー、PayPayマネーライト)を「送る・受け取る」機能や、グループでの飲食に便利な「わりかん」機能など、さまざまな機能を提供しています。

※ このプレスリリースに記載されている会社名、屋号および製品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

PayPay株式会社 広報室
福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる