2019/09/20(金)お知らせ

暴力団等排除の取り組みについて

福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡市中央区、代表取締役社長:後藤芳光)は、9月6日(金)に暴力団等の反社会的勢力を排除し、ヤフオクドーム、ヒルトン福岡シーホーク、MARK IS福岡ももちの環境の維持と、プロ野球の健全性確保を目的として活動する「福岡ヤフオク!ドーム・福岡ソフトバンクホークス暴力団等排除連絡協議会」の第14回総会をヒルトン福岡シーホークで開催しました。

協議会には、福岡県中央警察署長、福岡県警察本部暴力団対策部組織犯罪対策課長ら警察関係者、公益財団法人福岡県暴力追放運動推進センター専務理事、福岡ソフトバンクホークス・ヤフオクドーム関係者など約40名が出席し、福岡県内の暴力団情勢や、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスにおける暴力団等排除の取り組み状況や実績が報告されました。
暴力団等排除の重要性を再認識した上で、今後もより緊密な関係を築き、未来に向けて徹底的な「暴力団等排除」の取り組みを継続・強化していくことを誓いました。


お知らせ一覧へもどる ニュース一覧へもどる