2020/09/14(月)プレスリリース

9月19日(土)以降の入場制限人数の見直しについて

2020年9月14日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

9月19日(土)以降の入場制限人数の見直しについて

プロ野球12 球団および一般社団法人日本野球機構は、新型コロナウイルス感染症対策分科会による「イベント開催制限緩和についての分科会から政府への提言」に基づき、各球場における興行について9月19日(土)以降の試合の入場制限人数について、定員の50%を上限とする事を決定いたしました。
福岡ソフトバンクホークスでは、上記決定および、福岡県の「催物(イベント等)の開催制限」の見直しに鑑み、9月19日(土)以降の福岡 PayPay ドーム開催試合につきましては、定員の約50%である20,000人を上限として、段階的に入場制限を緩和いたしますのでお知らせします。
チケット発売の詳細につきましては、決定次第、別途ホークス公式サイトにてお知らせいたします。

なお、入場制限緩和に伴い、ご来場者の皆様におかれましては、以下のような感染防止対策のより一層の徹底にご協力頂きたくお願いいたします。

  • 混雑緩和のための早期来場、および、試合後のブロック別退場
  • チケット引換後のお客様情報の登録
  • 場内でのマスクの着用、咳エチケット、こまめな手指消毒
  • 大声での応援、ハイタッチや握手などの接触がある応援の禁止 など

福岡ソフトバンクホークスでは、「福岡ソフトバンクホークス 安心・安全宣言」として、ご観戦にあたっての新型コロナウイルス感染防止対策および注意事項について公式サイトへ掲載しております。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる