2021/04/21(水)選手

鷹の祭典ユニ発表!周東選手「色鮮やかで力強い」

4月21日(水)、「鷹の祭典2021専用ユニフォーム」のデザインが公開されました。お披露目会見がオンラインで行われて、周東佑京選手とモイネロ投手がモデル役としてユニフォームに身を包んで登場しました。

今年は、デザインのベースカラーを、「鷹く!レッド2021」と名付けました。

周東選手が「個人的には今まで赤いユニフォームを着ることがなかったので、すごく新鮮です。デザインも色鮮やか」と話せば、モイネロ投手も「良い色でとても気に入っています。母国のキューバの国旗も赤と青と白。その意味でも愛着がわいてきます」と笑顔で話しました。

「鷹く!レッド」は、ホークスの勝負カラーの一つである「カチドキレッド」をベースにデザインされており、「チームとファンが一つになる」という意味を込めたネイビーブルーのストライプを配することで、パ・リーグ連覇と5年連続日本一を目指して、チームとファンが一致団結して、「より鷹く!」戦うホークスの熱い気持ちを表現しました。

また、ネイビーブルーには、医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆様への感謝の気持ちが込められており、鷹の祭典2021での感謝の気持ちをお伝えする取り組みを実施予定です。

今年の「鷹の祭典2021」は6月28日(月)のライオンズ戦(京セラドーム)からスタート。30日(水)ライオンズ戦(北九州市民球場)、7月9日(金)~11日(日)バファローズ戦(PayPayドーム)、7月12日(月)~14日(水)イーグルス戦(PayPayドーム)、8月31日(火)イーグルス戦(ひなたサンマリンスタジアム宮崎)の計9試合で開催されます。

周東選手は「赤は力強いイメージ。しっかり塁に出て走り回るのも大事だけど、打撃でも力強いところを見ていただきたい」と意気込めば、モイネロ投手は「いつも通りの投球をすること。その中で100%の力を出してファンの皆さんに楽しんでいただきたい」と活躍を誓いました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる