2021/07/12(月)選手鷹の祭典

【今週の見所】柳田選手が本塁打王レースで1位に

今季のプロ野球は変則日程。オールスターブレイク後には東京五輪開催に伴う中断期間となるため、この12日(月)~14日(水)のイーグルス3連戦(PayPayドーム)が終わると、公式戦再開は8月13日(金)のファイターズ戦(PayPayドーム)です。

ところで、この中断期間には「2021プロ野球エキシビションマッチ(非公式試合)」が行われ、PayPayドームでも7試合が行われる予定になっています。

そして、チームは上昇気流に乗り始めました。現在リーグ首位に立っているバファローズを相手に、10日(土)と11日(日)を連勝してカード勝ち越しを決めました。

この連勝した2試合で、3本のホームランを放ったのが柳田悠岐選手でした。10日は先制を許した直後の逆転2ラン。11日は追撃の一発に続いて、同点の八回裏に決勝の2打席連続アーチを右中間に打ち込みました。これで21本塁打となり、現在パ・リーグ本塁打王レースで単独トップに躍り出ました。柳田選手自身はタイトル争いに関心を示しませんが、2日連続で上がったお立ち台では「もっともっと打てるように、1打席1打席をこれからも頑張りたい」と声を上げて、大きな拍手を浴びていました。

また、工藤公康監督は11日の試合については「今日の集中力はすごかったと思います。ベンチも一丸となっていた。投手陣も(先発の)和田(毅)君のアクシデントがあったけど、リリーフ陣がしっかり粘った。バッターも点を取られても『まだまだ』という思いがベンチからひしひしと伝わってきた」と話し、「今シーズン一と言ってもいいくらい、自分の仕事を果たしてくれた」と本当に嬉しそうに勝利の味を噛みしめていました。

この勢いで臨むイーグルス戦も、PayPayドームでは引き続き「鷹の祭典2021」が行われます。選手たちが「鷹く!レッド」の鷹の祭典専用ユニフォームでプレーし、入場者には鷹の祭典2021のレプリカユニフォームが配布されるのはもちろん、PayPayドームの周りも鷹祭カラーに染まり、色鮮やかなランタンも設置されて「お祭り」の雰囲気を盛り上げます。

今週の試合予定

  • 7月12日(月)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月13日(火)イーグルス(PayPayドーム)18:00
  • 7月14日(水)イーグルス(PayPayドーム)18:00

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる