2021/08/13(金)プレスリリース

福岡県 緊急事態宣言期間の無観客試合開催について

2021年8月13日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

福岡県 緊急事態宣言期間の無観客試合開催について

福岡ソフトバンクホークス株式会社は、パシフィック・リーグ2021年度連盟選手権試合、ウエスタン・リーグ公式戦等の主催試合について、福岡県への「新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言」発出期間中は、原則無観客での開催方針としておりますので、改めてお知らせします。

福岡県への「緊急事態宣言」が発出された場合、該当期間の販売済みのホークス主催試合のチケットにつきましては、全て払戻し対応とさせて頂くとともに、招待券につきましても全て無効とさせて頂きますので、お知らせします。

なお、当社では、「緊急事態宣言」下の無観客開催期間にあっても、然るべき時期より、「ワクチン接種2回完了者」や「観戦日直近のPCR検査陰性判定者」をご入場頂けるように対応するなどの施策を検討中であり、決定次第お知らせいたします。

払戻しおよび、招待券無効対象試合 (緊急事態宣言期間中)

福岡県への「緊急事態宣言」発出期間中のPayPay ドーム/タマスタ筑後 主催全試合
(連盟選手権試合/ウエスタン・リーグ公式戦/練習試合/3軍試合すべて)

シーズンシート2021/セレクトシート2021について

該当試合のチケットはすべて無効となります。詳細につきましては、契約者様宛にお知らせいたします。

以上


一般の方のお問い合わせ

お客様サポートセンター
E-mail:info-club@softbankhawks.co.jp
※新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく福岡県への「まん延防止措置」発出に伴う業務体制変更のため、当社では現在、お電話でのお問い合わせをお受けしておりません。何卒ご了承ください。

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる