2018/02/15(木)プレスリリース

JCSI(日本版顧客満足度指数)「パ・リーグ野球観戦」(特別調査)第1位

2018年2月15日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

JCSI(日本版顧客満足度指数)「パ・リーグ野球観戦」(特別調査)第1位

福岡ソフトバンクホークス株式会社(本社:福岡市、代表取締役社長:後藤芳光)は、公益財団法人 日本生産性本部 サービス産業生産性協議会が 2018年2月14日(水)に発表した「2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第6回調査結果発表」の「パ・リーグ野球観戦(特別調査)」において、「顧客期待」・「知覚品質」・「知覚価値」・「顧客満足」・「推奨意向」・「ロイヤルティ」の6指標全てで第1位となりましたのでお知らせします。

福岡ソフトバンクホークスでは2015年から、『すべてのお客様に「楽しさ」と「感動」を提供』という理念の下、サービス向上プロジェクトを発足させ、「Safety」、「Heartful」、「Enjoy」、「Plus One」の4基準で従業員全員が、更なるサービス向上に取り組んでまいりました。
今後もサービス向上プロジェクトを中心に更なるサービスの改善を行い、よりよい観戦環境づくりを目指してまいります。

<JCSI 6つの指標>

顧客期待:サービスを利用する際に、利用者が事前に持っている企業・ブランドの印象や期待・予想を示します。
知覚品質:実際にサービスを利用した際に感じる、品質への評価を示します。
知覚価値:受けたサービスの品質と価格とを対比して、利用者が感じる納得感、コストパフォーマンスを示します。
顧客満足:利用して感じた満足の度合いを示します。
推奨意向:利用したサービスの内容について、肯定的に人に伝えるかどうかを示します。
ロイヤルティ:今後もそのサービスを使い続けたいか、もっと頻繁に使いたいかなどの再利用意向を示します。

2017年度JCSI(日本版顧客満足度指数)第6回調査結果発表プレスリリース(日本生産性本部)

■JCSI(日本版顧客満足度指数:Japanese Customer Satisfaction Index)
JCSIは、商品・サービスを購入・利用するときに共通する心の動きをモデル化し、利用前から利用後までの各ステップ全体を調査・分析し、お客様の利用行動の因果関係と満足度を、同業種内での比較だけでなく、業種横断的に比較・分析が可能な「顧客満足度指数」です。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる