2019/01/07(月)球団

2019年始動!王会長「一番いい年に」

1月7日(月)、2019年のホークス球団の仕事始めにあたり鏡開きが行われました。

王貞治球団会長や後藤芳光オーナー代行兼球団社長ら球団フロント陣の前に大きな酒樽が置かれると、ペナントレースのV奪回と3年連続日本一を強く祈願して、今季のスローガンである「奪sh!」の大きな掛け声とともに白木のバットが木製の蓋へと振り下ろされました。

後藤オーナー代行兼球団社長は「ペナント奪sh!と日本一3連覇を目指して」と高らかに挨拶をして乾杯の運びとなりました。

王球団会長は「我々の世界は余韻を楽しんでいる間がない。2019年はもう始まっている。2019年を一番いい年にしたい」と力をこめ、さらに今季がホークスの九州移転30周年にあたることもあり「それを飾りたいとみんなで団結する年にもなる。また、ヤフオクドームも新しくなる。是が非でも勝ちたい。今までで一番勝ちたい。そのように前向きに進んでいきたい」と強い決意の思いを言葉にしました。

そして後藤オーナー代行兼球団社長も改めて「スタジアムサービスやお客様へ提供するコンテンツの充実を図っていきたい。この地をボールパークにして365日頼んで頂ける賑わいの場によりしていきたい。ヤフオクドームが4万人を超える収容となり、コンコースも最大のリニューアルとなります。王ミュージアムもグレードアップします。(建設中の)ビルも九州、西日本最大のエンターテイメント基地にしていきたい」と新年にあたり抱負を口にしました。

2019年1月7日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる