2019/02/19(火)プレスリリース

2019開幕戦セレモニー国歌独唱に平原綾香さん登場

2019年2月19日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

2019開幕戦セレモニー国歌独唱に平原綾香さん登場

本拠地の九州・福岡移転30周年記念となる2019年シーズン開幕戦の3月29日(金)埼玉西武ライオンズ戦に実施する「開幕戦セレモニー」の国歌独唱は、歌手の平原綾香さんに決定しました。

平原綾香(ひらはら あやか)

プロフィール

2003年12月17日にホルストの組曲『惑星』の『木星』に日本語詞をつけた『Jupiter』でデビュー。
2004年の日本レコード大賞新人賞や、2005年日本ゴールドディスク大賞特別賞をはじめ、様々な賞を獲得。その後もドラマの主題歌やドラマ出演など歌手・女優としても活躍。

2018年自身の誕生日でもある5月9日に、デビュー15周年を記念したアルバム「Dear Music~15th Anniversary Album~」をリリース。
2019年1月~2月、5年ぶりの再演となったミュージカル「ラブ・ネバー・ダイ」で再びクリスティーヌ・ダーエを演じた。
2月1日公開の映画「メリー・ポピンズ リターンズ」日本版にて吹替声優とエンドソングを担当。
吹替声優とエンドソングを同一人物が担当するのは、ディズニー映画史上初の快挙。このエンドソング「幸せのありか」を、2月6日にニューシングルとして発売。6月15日からは15度目の全国ツアー 「平原綾香 CONCERT TOUR 2019 ~ 幸せのありか ~ 」 全21公演をスタートさせる。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる