2019/04/07(日)球団

「WE=KYUSHUデー」福岡は本塁打祭り!

ホークスの本拠地 九州・福岡移転30周年を記念し、九州5都市で開催する「WE=KYUSHUデー」の第1弾が、4月7日(日)のマリーンズ戦(福岡市・ヤフオクドーム)で実施されました。

チームは白を基調とし、赤枠の文字でロゴマークが入った「WE=KYUSHUユニフォーム」を着用して試合に臨みました。そして来場者全員(ビジター応援席を除く)には、レプリカユニフォームがプレゼントされ、小学生以下限定ではキャッチボール専用球の先着配布も行われました。

また、この「WE=KYUSHUデー」に合わせて、球団歌『いざゆけ若鷹軍団』の30thバージョンが、ホークスビジョンで放映されました。打撃練習中とシートノック中はフルコーラスで、ラッキーセブン(7回裏)の攻撃前は1番だけのバージョンがこの日初めて披露されえました。

オープニングでは王貞治会長が登場。その後は九州にゆかりの深い有名人の方々が次々に登場して、九州とホークスの絆を表現するように1曲を歌い上げました。

なお出演者(登場順)は、藤井フミヤさん、黒木瞳さん、原口あきまささん、おすぎさん、森口博子さん、琴奨菊和弘さん(佐渡ヶ嶽部屋)、獣神サンダー・ライガーさん(新日本プロレス)、博多華丸・大吉のお二人、中村あゆみさん、HKT48の田中美久さん/渕上舞さん/松岡菜摘さん/松岡はなさん/村川緋杏さん/森保まどかさん、鮎川誠さん、バカリズムさん、イーシスのお二人です。

そして、試合前のグラウンドでは地元子どもたち50人によるセレモニアルピッチ、WE=KYUSHU ビッグユニフォームの披露も行われました。

試合はホークス打線が活況で、1試合7本塁打をマーク。先制弾の柳田悠岐選手をはじめ、釜元豪選手には嬉しいプロ初本塁打も飛び出し、11対1で圧勝しました。

次回の「WE=KYUSHUデー」は、4月9日(火)の長崎・ビッグNスタジアムでのファイターズ戦です。来場者へのユニフォーム配布など同様の取り組みが行われます。

その後は北九州市・北九州市民球場が5月14日(火)のライオンズ戦、熊本・リブワーク藤崎台球場が5月18日(土)のファイターズ戦、鹿児島・平和リース球場が5月19日(日)のファイターズ戦で行われます。

2019年4月7日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる