2019/10/17(木)球団選手

【ドラフト】1位は佐藤選手!計12人を指名

10月17日(木)、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が東京都内で行われ、ホークスはまず石川昂弥選手(東邦高校)を1位指名しましたが、計3球団での競合となり抽選に外れ、その後、佐藤直樹選手(JR西日本)を1位で指名して交渉権を獲得しました。

今ドラフトで、計12名の選手(育成選手を7名を含む)の交渉権を獲得しました。

第1巡目

佐藤直樹(さとう・なおき)。外野手。JR西日本。右投右打。強肩、駿足、強打と三拍子そろった貴重な右打者の外野手。将来リードオフマンとして外野手の一角を狙う逸材。遠投120m、50m5秒8。今年の都市対抗では3戦連続2安打をマークした。

第2巡目

海野隆司(うみの・たかし)。捕手。東海大学。右投右打。送球の速さとボディーストップ能力に長けた大学ナンバーワン捕手。コミュニケーション能力も高く、次世代のレギュラー候補。大学日本代表では正捕手を務めた。

第3巡目

津森宥紀(つもり・ゆうき)。投手。東北福祉大学。右投右打。MAX149キロ、強い腕の振りで投げっぷりの良いパワー系サイドスロー右腕。大学3年時の大学選手権ではストッパーとして全試合登板し、19回を投げ自責0と活躍しMVPを受賞。全日本などの高いレベルの経験値もあり、マウンド度胸の良い実戦派投手。

第4巡目

小林珠維(こばやし・じゅい)。内野手。右投右打。東海大札幌高校。高校生離れした打球速度と長打力は非凡な物があり、右の大砲候補として期待。投手としてもMAX150キロとポテンシャルは非常に高く鍛えがいのある選手。

第5巡目

柳町達(やなぎまち・たつる)。外野手。右投左打。慶應義塾大学。しなやかにバットを振り抜けるヒットメーカー。特に逆方向への打撃はハイレベル。どんな投手も組んせずバットでレギュラー獲りに期待。

育成第1巡目

石塚綜一郎(いしづか・そういちろう)。捕手。右投右打。黒沢尻工業高校(岩手)。高校通算39本塁打の長打力が魅力の捕手。捕手としての経験値は低いが、投手としても140キロを超す地肩の強さと非凡な長打力は、ポテンシャルが高く鍛えがいのある選手。

育成第2巡目

大関友久(おおぜき・ともひさ)。投手。左投左打。仙台大学。MAX148キロ、186センチ90キロと大型でオーソドックスなオーバースロー左腕。大型ながらバランス良く多彩な球種で緩急とコンビネーションで抑えるスタイル。

育成第3巡目

伊藤大将(いとう・だいすけ)。内野手。右投右打。八戸学院光星高校。走攻守にバランスが取れた二塁手。安定した守備力とシャープな打撃が魅力。

育成第4巡目

勝連大稀(かつれん・はるき)。内野手。右投左打。興南高校(沖縄)。守備センス抜群な遊撃手。足もあり、非力だが打撃センスもある。将来レギュラーを狙える逸材。

育成第5巡目

舟越秀虎(ふなこし・ひでとら)。外野手。右投右打。城北高校(熊本)。身体能力抜群。ベース一周14秒00の脚力で、中学の時には陸上部に借り出される能力。

育成第6巡目

荒木翔太(あらき・しょうた)。内野手。右投右打。千原台高校(熊本)。特徴は打撃スイング軌道のすばらしさと、脚力も兼ね備えている大型三塁手。鍛えたら大化けするタイプ。。

育成第7巡目

村上舜(むらかみ・しゅん)。投手。左投左打。山形中央高校。小柄ながら投げっぷりが良く、奪三振率が高い左腕。空振りを取れるストレートのキレが魅力。

関連リンク

ドラフト会議特集

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる