2020/01/07(火)球団

工藤監督が「S15」への思いを熱く語る

1月7日(火)、2020年スローガンが決定し、工藤公康監督が出席して発表会見が、ヤフオクドームにて行われました。
2020年スローガンは「S15(サァイコー!)」です。

工藤監督はその言葉に込められた思いをこのように説明しました。
「ソフトバンクホークスは今年15周年を迎えます。それにこの言葉には試合に向かって頑張ろうとか、前進する、前を向いていくという思いも込められています。また、Sにはスピードやスペシャルなとか強さのストロングという意味も込められています。ホークスは今年も盗塁や走塁を大事にする野球をやります。もっと上をではなく、常に上を。選手たちには常に進歩、進化をしてもらいたいし、その意識を持ってもらいたいです」
工藤監督がこだわったスピード感あるデザイン、そして翼を大きく広げたタカがインパクト十分です。
「ホークスは若い選手がどんどん出てきています。若いタカが決死の覚悟を持って巣から羽ばたくように、常に翼を広げて、前を向いてやっていくという思いを私からも伝えました。タカの目が上を向いているのもいいでしょ」と笑顔。「2020年は絶対にリーグ優勝をして、4年連続日本一を勝ちとります。1試合1試合にとにかく勝つという気持ちで、ベストな試合をしていきたい」と力強く誓いました。

関連リンク

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる