2020/07/31(金)プレスリリース

場内スタッフの新型コロナウイルス陽性判定について

2020年7月31日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

場内スタッフの新型コロナウイルス陽性判定について

下記の通り、業務委託先のアルバイト従業員が、新型コロナウイルス陽性と判定されましたのでお知らせします。

1.陽性判定された委託先のアルバイト従業員について

福岡市内在住の20代 男性
7月25日に業務委託先のアルバイト従業員としてPayPay ドームにて場内案内業務に従事
保健所よりアルバイト従業員の就業場所での濃厚接触者と判断された者はおりません。
勤務中は、常時マスクを着用し、随時アルコール手指消毒を行うなど、感染防止策を実施しております
なお、保健所の指示により、新型コロナウイルス陰性と判定されるまで入院することとしております。

2.陽性判定の経緯

2020年7月27日、アルバイト従業員が体調不良のためPCR受検し、29日に新型コロナウイルス陽性と判定されたものです。

3.対応

アルバイト従業員が直近(7⽉25⽇)に業務をしていたエリアを中⼼に消毒作業を完了しております。
また、就業時には手指消毒の上、常時マスクを着用しており、お客様と接触・会話をする機会もなかったことから、PayPay ドームへご来場されたお客様への感染リスクはないと保健所により判断されております。

なお、陽性判定されたアルバイト従業員は、チームとの接触のない部門にて勤務しておりましたので、本件がチームに与える影響はなく、チームは従前の予定通りの活動を継続いたします。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる