2020/11/21(土)選手

【直前】工藤監督誓う「先手必勝」。千賀投手が先発

11月21日(土) SMBC日本シリーズ2020 第1戦 京セラドーム

プロ野球史上、巨人V9以来となる4年連続日本一を果たすための頂上決戦。

「SMBC日本シリーズ2020」がついに開幕します。第1戦の舞台は京セラドームです。

ホークスは「パーソル クライマックスシリーズ パ」でマリーンズを相手に2連勝(アドバンテージを含めれば3勝0敗)で見事突破を決めました。ポストシーズンは前年CSファーストステージ第2戦から破竹の12連勝中です。

思えば、シーズン終盤戦でも12連勝を飾り、一気にVロードを突き進んだホークス。チームは最高の雰囲気を保ったまま、この日本シリーズに臨みます。工藤公康監督は「先手必勝。第1戦をとった方が圧倒的に有利になる」と、この第1戦をとても重要視しています。「探り合いというより、どっちが先にとるかという戦い。探っている間に日本シリーズは終わってしまう」。ただ、その中でも選手たちには「楽しんでいこう」と訓示をしました。工藤監督がずっと掲げている明るく、楽しく、そして真剣に、というホークスらしい野球でこの大舞台でも普段通りのプレーをしていく所存です。

そして先発マウンドに上がるのは今季パ・リーグの投手三冠(最多勝、最優秀防御率、最多奪三振)に輝いた千賀滉大投手です。2017年から4年連続で日本シリーズ第1戦の先発を任されるのはプロ野球史上2人目(1969年~1972年の巨人・堀内投手以来)となります。「僕というより、それだけ(日本シリーズに)出ているチームがすごい。でも、大きな怪我なくずっと任せてもらっているというのは嬉しく思います」と話しました。前日練習では「大阪に移動してきてどんな気持ちになるかなと思ったけど、それほど変な緊張はない。当日にどうなるか分からないけど、普段と変わらずマウンドに上がれるかなと思っています」と堂々とした立ち振る舞いを見せ、「菅野さんとの投げ合いも楽しみですが、それよりもシリーズはチームの勝ちが優先。その思いを持ってしっかり腕を振りたい」と気合を込めました。



関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる