2021/05/18(火)プレスリリース

福岡県 緊急事態宣言期間の無観客試合開催について

2021年5月18日
福岡ソフトバンクホークス株式会社

福岡県 緊急事態宣言期間の無観客試合開催について

福岡ソフトバンクホークス株式会社は、福岡県への「新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言」発出期間の、パシフィック・リーグ2021年度連盟選手権試合、および日本生命セ・パ交流戦、ウエスタン・リーグ公式戦等の主催試合について、すべて無観客での開催を決定いたしました。
当社では、福岡県および近隣県・全国の新型コロナウイルス感染状況に鑑み、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、福岡県における人流の抑制を最優先とし、無観客開催とするものです。

なお、現在販売済みのホークス主催試合のチケットにつきましては、全て払戻し対応とさせて頂くとともに、招待券につきましても全て無効とさせて頂きますので、お知らせします。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

払戻しおよび、招待券無効対象試合 (緊急事態宣言期間中)

2021年5月19日(水)~31日(月)までのホークス主催試合 全試合
(連盟選手権試合/セ・パ交流戦/ウエスタン・リーグ公式戦/練習試合/3軍試合すべて)

シーズンシート2021について

該当試合のチケットはすべて無効となります。詳細につきましては、契約者様宛にお知らせいたします。

以上

一般の方のお問い合わせ

福岡ソフトバンクホークス公式サイト
お客様サポートセンターE-mail:info-club@softbankhawks.co.jp
※新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく福岡県への「緊急事態宣言」発出に伴う業務体制変更のため、当社では現在、お電話でのお問い合わせをお受けしておりません。何卒ご了承ください。

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先

福岡ソフトバンクホークス株式会社 広報室

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる