2021/10/12(火)選手球団

【ドラフト】1位は風間投手!計19人を指名

10月11日(月)、「2021年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が東京都内で行われました。ホークスはまず風間球打投手(ノースアジア大学明桜高校)を入札し、1位指名で交渉権を獲得しました。
工藤公康監督は風間投手について「投げっぷりのよさ。そして、力強さのあるストレートがある。また、名前のとおり野球をやるために生まれてきた子じゃないかなと思う。こうしてソフトバンクホークスに指名されたけど、日本を代表する選手になってほしい」と期待を寄せました。
王貞治球団会長は支配下指名の5選手について「望んでいたとおり風間君の交渉権が獲れて、その後の指名も狙いどおり。今年は久々に満点と言える結果になったんじゃないかな。大いに期待が持てる選手たちだし、入団後はチームに良い緊張感と活力をもたらしてくれるといいね」とコメントしました。
今ドラフトでは計19名の選手(育成選手14名を含む)の交渉権を獲得しました。

1巡目

風間球打(かざま・きゅうた)。投手。ノースアジア大学明桜高校。右投左打。MAX157キロ。身体バランスが良く、運動センスが高い素材型右腕。球威と角度のあるストレートのボリュームはアマチュアトップランク。球界を代表する投手になれるスケールと資質を持つ投手。また、このドラフト日が18歳の誕生日だった。

2巡目

正木智也(まさき・ともや)。外野手。慶應義塾大学。右投右打。東京六大学を代表する慶大の主砲で、アマ球界屈指の右のスラッガー。屈強な体と強いリストから放たれる打球は、他の選手と一線を画す天性の長距離砲。全力疾走などプレーの誠実さも光る。将来の主軸候補。

3巡目

木村大成(きむら・たいせい)。投手。北海高校。左投左打。MAX150キロ。球威のあるストレートとキレのあるスライダーで奪三振率が高い左腕。

4巡目

野村勇(のむら・いさみ)。内野手。右投右打。NTT西日本。身体能力が高く、脚力が魅力なオールラウンドプレーヤー。今年から遊撃手にも挑戦中。小柄ながら芯で捉えた時の飛距 離や広角に打てる打撃が魅力。チームに欠かすことのできないプレーヤー候補。

5巡目

大竹風雅(おおたけ・ふうが)。投手。右投左打。東北福祉大学。MAX150キロ。角度あるストレートとカーブ、フォークの縦の変化球が武器で、奪三振が高い右オーバースロー。

育成1巡目

藤野恵音(ふじの・けいお)。内野手。右投右打。戸畑高校。三拍子揃った好選手。将来トリプルスリーを狙える逸材。

育成2巡目

川村友斗(かわむら・ゆうと)。外野手。右投左打。仙台大学。打撃センスが高く、勝負強さと長打力を兼ね備えた左打ち外野手。大学屈指のバットマン。

育成3巡目

井﨑燦志郎(いざき・さんしろう)。投手。右投右打。福岡高校。長身から振り下ろすストレートは、角度ありが魅力。将来大型右腕になる逸材。

育成4巡目

三浦瑞樹(みうら・みずき)。投手。左投右打。東北福祉大学。MAX145キロ。ストライク率が高く、緩急と変化球のコンビネーションで抑える技巧派左腕。

育成5巡目

田中怜利ハモンド(たなか・れいり・はもんど)。投手。右投右打。帝京第五高校。189センチの身体からMAX145キロのストレートを投げ、スピード表示以上に強さとキレを感じる投球が最大の魅力。細い身体に鎧をまとい、将来先発の一角を担う活躍に期待する逸材。

育成6巡目

加藤洸稀(かとう・こうき)。投手。左投左打。滝川第二高校。MAX142キロ左腕。まだまだ体幹等や身体に力がないものの、リリースで叩ける腕の振りが特徴。特に球速表示以上の ストレートとスライダーのキレ魅力で、さらなる成長に期待が掛かる投手。

育成7巡目

山崎琢磨(やまさき・たくま)。投手。右投左打。石見智翠館高校。今年の夏の島根県大会決勝では、ノーヒットノーランを記録し、甲子園出場。さらなる肉体強化にてスタミナアップ。将来先発の一角としての活躍を期待する逸材。

育成8巡目

佐久間拓斗(さくま・たくと)。捕手。右投右打。田村高校。パワフルな打撃で、長打力が魅力の右の大砲候補。

育成9巡目

山本恵大(やまもと・けいた)。外野手。右投左打。明星大学。特に打撃の飛距離が魅力で、センターから逆方向にも飛ばす能力を持っている。走攻守揃った将来性豊かな選手。

育成10巡目

加藤晴空(かとう・そら)。捕手。右投左打。東明館高校。走攻守、三拍子揃った好捕手。打撃も好打者タイプ。内野もこなせる器用さもある。

育成11巡目

瀧本将生(たきもと・まさき)。投手。右投右打。市立松戸高校。投手経験は浅いが、ポテンシャルの高い選手。武器であるキレ味鋭い縦のスライダーは、磨けば十分プロで通用する 可能性を秘めている。

育成12巡目

三代祥貴(みしろ・よしき)。内野手。右投右打。大分商業高校。身体能力とパワーを兼ね備えた大型三塁手。守備センスも良く、脚力もあり、強肩、大きく化ける可能性大。

育成13巡目

佐藤琢磨(さとう・たくま)。投手。左投左打。新潟医療福祉大学。打者に向かっていく強気な投げっぷりで抑えるタイプの投手。身体能力も高く、まだまだ伸び代が楽しみな選手。実戦を数多く経験し大化けの可能性も。

育成14巡目

仲田慶介(なかた・けいすけ)。外野手。右投両打。福岡大学。三拍子揃った好選手。特に肩の強さは素晴らしい。打撃もスイングスピードがあり、大きく伸びる逸材。

関連リンク

ドラフト会議特集

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる