2022/01/05(水)球団

2022年始動!王会長「我々は前に進むしかない」

1月5日(水)、2022年のホークス球団の仕事始めにあたり鏡開きが行われました。

王貞治球団会長兼特別チームアドバイザー、後藤芳光オーナー代行兼球団社長をはじめとした球団フロント陣の前に大きな酒樽が置かれると、パ・リーグVと日本一奪回を祈願して、力強く白木のバットが木製の蓋へと振り下ろされました。

後藤オーナー代行兼球団社長は「総括は昨年で終わり、我々は前を向いて再浮上し『めざせ世界一』で戦ってまいります」と挨拶をして、乾杯の音頭としました。

王会長兼特別チームアドバイザーも「(昨季のことは)悔しくて忘れられないけど、そこに思いをとどめていても仕方ない。我々は前に進むしかない。今年はやるのみ。とにかくチーム一丸となって戦い抜きます」と今シーズンの巻き返しへ力を込めて話しました。

また、藤本博史監督のもとで戦う新体制についても「今のほとんどのメンバーと接点があり掌握している。我々も安心して任せられる。また、2、3軍で監督をしており、選手たちと心と心のつながりがある。長丁場のシーズンを乗り越える中で新たな形が出来上がっていくと思います」と期待を寄せ、新キャプテンに就任した柳田悠岐選手にも「前から彼はそういう意識をもってプレーをしてくれていた。彼が先頭に立ってやってくれるのはチームにとって心強い。ただ、彼は全力型なので張り切りすぎて故障をしないように。背中で引っ張ってくれればいい」とエールを送りました。

そして、自身が特別チームアドバイザーとして臨む最初のシーズンについても「自分としては今までと同じ形。選手たちがどう受け止めるか。今までは会長という肩書だけだったので、選手との距離を僕も感じていました。意見交換やアドバイス、質問などのやりとりが増えてくれればいいですね」と話していました。

関連リンク

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる