2022/01/24(月)球団

春季キャンプへ藤本監督「結果、内容で示してほしい」

春季キャンプ前に毎年行われる「監督・コーチ会議」が1月24日(月)に行われ、「福岡ソフトバンクホークス 春季キャンプ2022 in 宮崎 Supported by スカパー!」および「福岡ソフトバンクホークス スプリングトレーニング2022 in 筑後」の練習メニューの確認や、A組・B組・C組またはリハビリ組の選手組分けなどが話し合われました。

会議終了後には藤本監督が囲み取材に応じました。
「コロナ感染拡大の影響で、ホークスでも陽性判定を受けた選手がいます。隔離期間などもあり調整が遅れているのは確かなので、それを踏まえてメンバーの振り分けを行いました」と会議の大きなテーマのひとつであるメンバー選定について触れました。

その中で、A組には多くの若手選手が抜擢。高卒2年目野手の井上選手や川原田選手が名を連ね、投手でも育成枠ながら重田投手がA組メンバー入りしました。

「実戦形式を例年よりも前倒しする予定にしています」
今年の宮崎春季キャンプA組では、第2クールにはシート打撃、第3クールには紅白戦が組まれる予定。「例年よりも1クールずつ早い。投手陣のフリー打撃登板も、A組は第1クールからと考えています」と藤本監督。キャンプ初日と3日目には12分間走のメニューを組んでいる中で、それを考慮しながらも実戦形式のメニューを早めから取り入れていきます。

「結果だけじゃなく、内容も大事ですよね。凡退でもバットの芯でとらえていれば、いいわけです。内容が良ければオープン戦にも残っていくでしょう。開幕までどんどん絞り込まれるのが競争ですが、良い選手は落ちるわけがないので。結果を出して内容でも示してほしいです」

また、コロナ陽性の影響によりC組で調整することになる選手については「隔離期間があるので、体力づくりを筑後でやってもらう。体のどこかが痛いというわけではないのでC組でしっかり練習して、体力が戻れば宮崎に来てもらうことになると思う」と話しました。

春季キャンプ組分け:1月24日現在

A組:宮崎

投手
(12名)
大竹耕太郎、津森宥紀、武田翔太、甲斐野央、田中正義、尾形崇斗、大関友久、髙橋純平、田浦文丸、奥村政稔、松本裕樹、重田倫明
捕手
(3名)
甲斐拓也、海野隆司、九鬼隆平
内野手
(8名)
川瀬晃、髙田知季、今宮健太、明石健志、井上朋也、川原田純平、三森大貴、野村勇
外野手
(6名)
中村晃、栗原陵矢、正木智也、柳町達、上林誠知、水谷瞬

B組:宮崎

投手
(16名)
又吉克樹、東浜巨、和田毅、石川柊太、椎野新、森唯斗、千賀滉大、嘉弥真新也、中道佑哉、桑原秀侍、岡本直也、大城真乃、中村亮太、村上舜、田上奏大、藤井晧哉
捕手
(3名)
牧原巧汰、渡邉陸、石塚綜一郎
内野手
(7名)
増田珠、小林珠維、黒瀬健太、緒方理貢、伊藤大将、勝連大稀、荒木翔太
外野手
(5名)
中谷将大、早真之介、川村友斗、山本恵大、仲田慶介

※上記以外の選手は、C組またはリハビリ組(いずれも筑後)となります。
なお、上記リストには、キャンプ中合流予定の外国人選手は含まれません。

関連リンク

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる