2015/10/22(木)球団

【ドラフト】1位高橋純平投手!計11人を指名!

10月22日(木)、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が東京都内のホテルで行われ、ホークスは高橋純平投手を1巡目で指名。ドラゴンズ、ファイターズによる3球団での競合となりましたが、工藤公康監督が右手で引いた残りくじに「交渉権確定」の文字が記されていました。工藤監督は左手を上げてガッツポーズを決めました。

「すごく素晴らしい選手。もちろん目指すのはソフトバンクのエースであり、日本を代表する投手になれると思っています」と工藤監督。

今ドラフトで、高橋投手を含め計11名の選手(育成選手を5名を含む)の交渉権を獲得しました。
1巡目
高橋純平(たかはし・じゅんぺい)。投手。18歳。岐阜商業高校。右投右打。今年のNo.1投手、超高校級の本格派右腕。今春のセンバツ甲子園では1完封を含む2完投勝利。今夏は侍ジャパンU-18にも選出され、力強いキレのあるMAX152キロのストレートが最大の武器。カーブ、スライダー、カットボール、スプリットなど高精度の変化球も多彩。投球術にも長けており、将来エース格としての活躍を期待する投手。高校生投手の1巡目指名は昨年の松本裕樹投手(盛岡大附属高校)に続き2年連続。
2巡目
小澤怜史(こざわ・れいじ)。投手。17歳。日大三島高校(静岡)。右投左打。MAX152キロの力強くキレのあるストレートと多彩な変化球が魅力。スタミナアップが必須と自己分析しており、将来はチームの先発ローテーションの活躍を期待する投手。
3巡目
谷川原健太(たにがわら・けんた)。捕手。18歳。豊橋中央高校(愛知)。右投左打。二塁送球タイム1秒8を計測する強肩。打撃もスイングが強く、通算本塁打は41本。身体能力も高く、脚力は50m6秒。将来はチームの司令塔としての活躍を期待する捕手。
4巡目
茶谷健太(ちゃたに・けんた)。投手。17歳。帝京三高校(山梨)。右投右打。最速145キロを投げ込む大型右腕(身長185cm、体重85kg)。落ち着いたマウンド捌きが見られ、投手としての資質を感じる。また、野手としても打撃には非凡なものを持っている選手。
5巡目
黒瀬健太(くろせ・けんた)。内野手。18歳。初芝橋本高校(和歌山)。右投右打。高校通算97本塁打の長距離砲候補。現在は捕手だが、内野手としても期待。長打力があり、柔らかい打撃ができる。
6巡目
川瀬晃(かわせ・ひかる)。内野手。18歳。大分商業高校。右投左打。投打ともにセンスの塊。投げてはMAX143kmも、内野手としてのセンスは川崎宗則選手(現・ブルージェイズ)二世。将来のホークスのショートストップとして期待。

育成

育成1巡目

野澤佑斗(のざわ・ゆうと)。投手。17歳。つくば秀英高校(茨城)。右投左打。サイドハンドから繰り出すストレートに力があり、変化球の制球も高校レベルでは高いものがある。体が成長すればとても楽しみな素材。

育成2巡目

児玉龍也(こだま・りゅうや)。投手。22歳。神奈川大学。左投左打。ひじを下げてのサイドスローからの投球に期待。球威の向上次第では、一軍リリーフ陣に入っていける投手。九州国際大付属高校出身。

育成3巡目

樋越優一(ひごし・ゆういち)。捕手。22歳。東京農業大学北海道オホーツクキャンパス。右投左打。バットコントロール良く打撃センスがあり、長打を打てる捕手。大学では主将で4番捕手とチームの中心選手。秋季リーグ戦では最高殊勲選手を獲得。

育成4巡目

中村晨(なかむら・しん)。投手。18歳。ルーテル学院高校(熊本)。右投右打。天性の柔らかさとキレの良いストレートを投げる、将来性豊かな身長190cmの本格派右腕。将来の先発候補として期待。

育成5巡目

渡辺健史(わたなべ・たけし)。投手。18歳。飯塚高校(福岡)。左投左打。キレの良いストレートとスライダー、チェンジアップの精度が高い本格左腕。体力強化出来れば先発タイプとして期待。

2015年10月22日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

関連リンク > ドラフト会議特集

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる