2016/10/21(金)球団

【ドラフト】1位は田中正義投手!計10人を指名

10月20日(木)、「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が東京都内で行われ、ホークスは田中正義投手を1巡目で指名。マリーンズ、ファイターズ、ジャイアンツ、カープとの計5球団での競合となりましたが、工藤公康監督が右手で引いたくじに「交渉権確定」の文字が記されていました。
「即戦力として考えていますので、開幕投手を目指すぐらい頑張ってほしい」と工藤監督は2年連続の“強運”ぶりに興奮が収まらない様子でした。
今ドラフトで、田中投手を含め計10名の選手(育成選手を6名を含む)の交渉権を獲得しました。
1巡目
田中正義(たなか・せいぎ)。投手。創価大学。右投右打。長身から投げ下ろす最速156キロのストレートが魅力の今ドラフトナンバーワン右腕。大学日本代表の壮行試合でプロの若手選抜チームを相手に好投。7者連続奪三振をマークした。プロの選手でもバットに当たらないような圧倒的なピッチングができ、頭一つ以上抜けている存在。
2巡目
古谷優人(ふるや・ゆうと)。投手。江陵高校(北海道)。左投左打。154キロのキレのよい直球とスライダーを武器に、今夏の地区大会では8者連続を含む1試合20奪三振の快投を見せた。スカウトによれば、非常に社交的な性格ではっきりものを言う印象も。
3巡目
九鬼隆平(くき・りゅうへい)。捕手。秀岳館高校(熊本)。右投右打。強肩強打の捕手で、将来の正捕手候補。リーダーシップを取れる性格、体の強さ、プレーのスピードと強肩ももっている。
4巡目
三森大貴(みもり・まさき)。内野手。青森山田高校。右投左打。ワイドに打ち分ける大型ショート。一塁到達4秒前後の俊足も魅力。体は細いが、長身の大型内野手。スケールの大きな選手に育つのを期待。

育成

育成1巡目

大本将吾(おおもと・しょうご)。外野手。帝京五高校(愛媛)。右投左打。長打力が魅力の大型外野手。体作りから徹底し、球界を代表する選手を目指す。

育成2巡目

長谷川宙輝(はせがわ・ひろき)。投手。聖徳学園高校(東京)。左投左打。140キロ台のストレートに加えて、都大会で1試合20奪三振を記録したスライダーが武器。狙って三振を奪える貴重な高校生左腕。

育成3巡目

田城飛翔(たしろ・つばさ)。外野手。八戸学院光星高校(青森)。右投左打。バットコントロールに優れ、ミートポイントが広く広角に安打を放つアベレージヒッター。身体能力が高く、積極的な打撃と走塁が持ち味。

育成4巡目

森山孔介(もりやま・こうすけ)。内野手。藤沢翔陵高校(神奈川)。右投右打。身長187センチの大型遊撃手。長打力も持ち合わせ、将来楽しみな素材。

育成5巡目

清水陸哉(しみず・りくや)。外野手。京都国際高校。右投右打。飛距離が持ち味。体作りができれば、走攻守で大化けする可能性を秘めている。

育成6巡目

松本龍憲(まつもと・りゅうけん)。内野手。崇徳高校(広島)。右投左打。好守においてバランスのいい好選手。肩と脚力を武器にさらなる成長を期待。

2016年10月21日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

関連リンク > ドラフト会議特集

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる