2009/03/03(火)プレスリリース

ECCがヤフードームの子供遊具付き観戦席エリアのネーミングライツを取得 ~正式名称は、「ECC キッズパーク」に決定~

2009年3月3日
株式会社ECC
福岡ソフトバンクホークス株式会社
福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社

ECCがヤフードームの子供遊具付き観戦席エリアのネーミングライツを取得

~正式名称は、「ECC キッズパーク」に決定~

福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社(本社:福岡市中央区、社長:笠井 和彦)と株式会社ECC(本社:大阪市浪速区、代表理事:山口 勝美)は、このたび、福岡Yahoo! JAPANドーム(以下、ヤフードーム)に2009年シーズンから新設される観戦シート「ビクトリーウイング」の一つである観戦ゾーンのネーミングライツについて契約を締結いたしました。これにより、本観戦シートの正式名称は「ECCキッズパーク」となります。ヤフードームにおいて、座席のネーミングライツが設定されるのは、本件で3例目となります。
※その他の座席ネーミングライツ事例:「コカ・コーラシート」と「シスコゾーン」

ECCグループは、全国10,669教室・生徒数282,619名のECCジュニアや、主要都市に156校のECC外語学院(ECC KID’S 生:約14,700名)を擁する総合教育機関です。語学教育を通じて真の国際人を育てること、学ぶことの楽しさ・分かり合うことの大切さを子どもたちに伝えてあげたいという想いを元に事業を展開しています。このたび、ECCグループがヤフードームの「ECCキッズパーク」を通じて伝えたいことは、「子どもとその家族を大切にすること」。限りない可能性を秘めた子どもたちに、またその子どもたちを見守る家族の方に“楽しみながら英語に触れる機会”を提供し、野球観戦をされるご家族へ素敵な思い出と共に英語に親しんでいただける空間を作っていきたいと願っております。

「ECCキッズパーク」は、小さいお子様連れのご家族が観戦されるには最適の観戦シートです。座席後方には、幼児から小学校低学年のお子様を対象とした遊具とともに、お子様が安心・安全に遊べるスペースを設置。ビュッフェ形式の料理が全シートのお客様へ提供されるため、お子様のお世話をしながらもすぐに食事を取ることができ、試合の盛り上がりを見逃すこともありません。授乳室もありますので、乳幼児のお子様をお連れの方でも安心して野球観戦が楽しめます。各座席には収納可能な小テーブル付。 利用価格は、大人4,500円(税込)、キッズ1,500円(税込)。
※キッズは4歳以上小学生まで

締結したネーミングライツの詳細については下記をご参照ください。

今回締結したネーミングライツ概要

契約者:株式会社ECC
名 称:「ECCキッズパーク」
契約期間:2009年3月3日~2010年2月末日
契約に含まれる権利:

ネーミング・ライツ(命名権)

シートゾーンでの広告掲出

施設内の案内板への「ECCキッズパーク」の掲出

チケットの券面における「ECCキッズパーク」の印字

使用開始:2009年3月4日(水曜) 2009年ヤフードームでのオープン戦緒戦より

「ECCキッズパーク」 フロアイメージ

<本件に関する報道関係の皆様からのお問い合わせ先>
福岡ソフトバンクホークスマーケティング株式会社 広報担当
※一般の方からのお問い合わせにはお答えしかねますのでご了承ください

プレスリリース一覧へもどる ニュース一覧へもどる