2016/12/22(木)選手

来季から背番号3、松田選手!「ワクワクしている」

選手画像

松田宣浩選手が来季から背番号「3」で、より熱く、もっと「1(ワン)ダホー」に戦います。

12月22日(木)、自身の契約更改後の会見で、来季から背番号「3」になることを明らかにしました。

「プロの世界でサードを守り続けてきました。サードといえば長嶋さん。ずっと憧れがありました。侍ジャパンでは「3」をつけていましたが、ホークスでも「3」を背負って戦いたい。日本一のため、ホークスのために全力で戦いたいという気持ちになりました」

松田選手はプロ入り以来11年間、背番号「5」をつけてきました。もちろん愛着もありましたが、熟慮を重ねて決断に至ったと言います。

「身が引き締まる思いとワクワクしている思いと両方です。早く背番号3のユニフォームを着て、サードを守りたいです」

今季は143試合フル出場を果たしましたが、「成績は落ちてしまったし、何より3連覇を逃してしまった。悔しい思いしかありません。まだまだサードは誰にも譲らないという気持ちが強い。背番号も新しくなり、より一層気持ちが強くなりました。まずは全試合出場。それが出来れば数字も上がってくると思います」と来季の活躍を改めて誓いました。

また、来年3月に行われるWBCのメンバーにも選出されています。「来年は2人の監督がいる。小久保監督を世界一の監督に工藤監督を日本一の監督にして、どちらも胴上げして男にしたい」と熱く思いを込めました。

また、気になるのは来季のパフォーマンス。球団との交渉でも話題に出たそうで、「熱男という言葉は自分に一番合っている言葉。それは胸の中に大切に置いておいて、来季は「1(ワン)ダホー!」で行きますよ。スタンドのファンの皆さんも、来年もまた一緒になって声を上げてほしいです」と右手を突き上げていました。

2016年12月22日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる