2018/12/18(火)選手

松田選手、再び背番号5に!「初心に返って」

松田宣浩選手が来季から背番号「5」に変更することを、12月18日(火)の契約更改後の記者会見で明らかにしました。

「変えるというより、戻すという感じですよね」

5番は、入団から11年間背負った番号です。2017年シーズンから今季までの2年間は背番号「3」でプレーしていました。

「長嶋茂雄さんへの憧れもあって『3』にしましたが、来季は4年契約の最終年にもなるし、もう一度やってやるぞと初心に返って野球をやるという思いを込めて戻させて頂きました」

今季を振り返る中で、悔しさを何度も口にした松田選手。143試合フル出場を果たし、自身2度目となる30発超え(32本塁打)を達成しましたが、チームとしてリーグ2位だったことや、個人的にレギュラーシーズンでも一時苦戦してクライマックスシリーズや日本シリーズではベンチを温めたこともありました。

「結果が出なかったのは全部自分の責任。自分に対して腹が立つ。二度とこういう思いはしたくない。ただ、ベンチに居たことで、改めて『試合に出たい』という気持ちが芽生えた。2019年は今まで継続してきたことも頑張りたい。5年連続フル出場、7年連続ゴールデングラブ賞、2年連続ベストナイン。そして打率も打点も本塁打もキャリアハイを達成できるようにしたい。2019年は自分にプレッシャーもかけながら、でも持ち味である元気と明るさを出して、リーグ優勝と日本一を目指したい」

ちなみに、背番号を変えても「熱男」のパフォーマンスは継続するとのこと。

「先日のハワイのV旅行でも、松田と言われるより『熱男の人』と言われる。せっかく根付いてきたし、僕のモチベーションにもなっている。たくさんホームランを打たないと『何やってるんだ、アイツ』と言われる。来季は36歳になりますが、キャリアハイを目指して頑張ります」と改めて誓いを立てていました。

2018年12月18日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

松田 宣浩

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる