2019/02/09(土)選手

松田選手、ランチ特打に特守に熱くハッスル!

2月9日(土)キャンプ第3クール1日目

宮崎春季キャンプは第3クールに入りました。このクールの3日目(11日)からはシート打撃も始まる予定です。

また、11日(月・祝)まで3連休となっており、宮崎市・生目の杜運動公園は大賑わいの一日となりました。初日の9日(土)は21,000人が来場。練習開始頃は雨模様でしたが、徐々に雨は上がっていき、午後からは通常通りにグラウンドを使用した練習を行うことが出来ました。

温かい声援に選手たちも気持ちを乗せられたのか、ランチタイムには内川聖一選手、松田宣浩選手、今宮健太選手がアイビースタジアムで特打を行いました。ランチ特打は今キャンプ初めて。30分以上にわたってバットをしっかり振り込みました。

なかでも松田選手は全体練習後に特守も行い、さらに居残りロングティーと精力的に練習を行っていました。「やれる時間がる時にしっかりね。ラクなんてしてる時じゃない。今日の練習? パーフェクトでした!」と元気な声を上げていました。ちなみに、これまでラッキーカラーを「ピンク色」と公言していましたが、今季はリストバンドや革手袋を黄色で統一しています。「ホークス愛です」と笑顔を浮かべていました。

また投手陣では東浜巨投手がブルペンで145球を投げ込めば、千賀滉大投手も111球と熱の入ったピッチングを行いました。千賀投手は「やっと変化球を解禁しました。右手中指のマメが気になるので、真っ直ぐはほとんど投げませんでした。初めて100球を超えたけど感触は良かったです。マメも大丈夫。この時期は毎年なので」と明るい笑顔で話していました。

晴れ 15℃ 21,000人

2019年2月9日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる