2019/06/02(日)球団

キャンプ地宮崎との絆!「優勝まいう~!」

5月31日(金)~6月2日(日)のイーグルス3連戦(いずれもヤフオクドーム)は「みやざきスペシャルDAYS」として開催されました。

このイベントでは宮崎市や都城市の協力によりヤフオクドーム5ゲート前に「みやざき うまかもん広場」がオープンし、宮崎の美味しいものや焼酎など特産品が大集合。宮崎グルメのふるまいや楽しいイベントも実施されました。6月1日(土)は元ホークス選手の井手正太郎さんを迎えてのトークショーも行われました。
3日間を通じて南国リゾート宮崎を体感でき、ホークスのキャンプ地でもある宮崎とホークスファンの絆を深める「みやざきスペシャルDAYS」。
また、この開催に合わせて「トロピカル柄」オリジナルユニフォームも作成。宮崎とホークスとのつながりを表現したユニフォームで、多くのファンの皆様の間でも大変好評でした。

そして2日(日)には、工藤公康監督へ激励の品も授与されました。宮崎市・戸敷正市長からは「宮崎産 完熟マンゴー 太陽のたまご」、都城市・池田宜永市長からは「霧島酒造『黒霧島 益々繁盛』」がそれぞれ贈られました。
工藤監督は「ホークスは毎年宮崎でキャンプを行い心身共に鍛えています。3年連続日本一を狙えるのは我々だけ。しっかり結果を残して、来年もまた宮崎でパレードが出来るようにしっかり勝っていきたいです」と、これからの更なる健闘を約束しました。

また、会見の終わりにはサプライズゲストとして「まいう~」でお馴染みの石塚英彦さんが登場。「太陽のたまご」がのったお皿を片手に「4年前にも来させて頂いてあの時もマンゴーを食べて日本一になったので縁起モノで」と監督のもとへ。2人で美味しく頬張ると、「優勝まいう~」とばっちり決め台詞で息もぴったりでした。

石塚さんはセレモニアルピッチにも臨みマウンドへ。背番号29はもちろん「肉」と呼びます。「僕のラッキーナンバーでユニフォーム。嬉しいです」。しかし、投球は山なりで最後はコロコロと転がり捕手のミットに収まりました。「直前のイベントで地頭鶏を食べて、肉の脂で手が滑ったのかな。宮崎グルメはまいう~だけど、ピッチングはずいま~でしたね」と照れ笑いしていました。

2019年6月2日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる