2020/01/28(火)球団

2020年度ハニーズに「新しい風」が7名。計20名に

ホークスオフィシャルダンス&パフォーマンスチーム「ハニーズ」の2020年度メンバーが決定し、1月28日(火)にヤフオクドーム内のプレスカンファレンスルームでお披露目会見が行われました。

今回のメンバーは東京・大阪・福岡の3会場で行われたオーディションに応募した約100名の中から、厳しい審査を勝ち抜いた20名です。新規メンバーが7名、継続メンバーが13名の20名が2020年度メンバーとなりました。

新規メンバーのMisakiは「以前はテーマパークでダンサーをしていましたが、球場でしかも約4万人のお客様の前でパフォーマンスができるのはとても楽しみです」と目を輝かせていました。Asukaは2年前の「鷹の祭典2018in大阪」でバックダンサー出演をしたのをきっかけにハニーズを目指し、夢を叶えました。

Amiはハニーズダンススクールの出身。「中学2年生の頃にスクールに入り、ずっと憧れていました。今、夢見たいです」と胸膨らむ喜びを抑えきれない様子。miruは「ずっと外野スタンドで応援していました」という根っからのホークスファン。HINAは「売り子をしていました。五回裏のウーハーダンスをこれからはグラウンドで踊れるのが楽しみです」とキュートな笑顔を浮かべました。KARENは特技の新体操を披露。そしてMAOもダンス世界大会出場経験者とあって、華麗で力強いダンスをカメラの前で見せてくれました。

新メンバーが加わったことで4年目になるELIKAは「個性を持っている7名なので、新しい風を吹き込ませてくれると思います」と期待を寄せ、同じく4年目のNANAも「パワーアップして進化したハニーズを楽しみにしてほしいし、ホークスのリーグ優勝と4年連続日本一のために私たちも一丸となって、PayPayドームを熱くして、応援をしていきたいです」と話しました。

また、ハニーズのロゴマークも一新されます。今季3年目になるMAYUMIは「かっこよく、華やかで、躍動感あふれたダンス&パフォーマンスチームを目指して次のステージに向かっていく私たちにふさわしいデザインになったと思います」と喜んでいました。

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる