2020/05/30(土)選手

【戦評】柳田選手、栗原選手が逆方向へ一発

5月30日(土)紅白戦第4戦 PayPayドーム

紅組 2 0 0 0 1 0 0 3
白組 0 0 0 0 0 0 0 0

※特別ルール

投手リレー

(紅)スチュワートJr.、森、モイネロ、古谷、泉、津森
(白)高橋礼、嘉弥真、岩嵜、川原、尾形

本塁打

(紅)柳田、栗原

スタメン

(紅)4牧原 6今宮 8柳田 5松田宣 7長谷川 3内川 2栗原 D明石 9西田 D九鬼
(白)3川島 6周東 8上林 Dバレンティン 2甲斐 4三森 5リチャード 9谷川原 D高谷 7柳町

戦評

紅組が初回、2番・今宮健太選手が左中間二塁打を放つと3番・柳田悠岐選手がカウント3ボール0ストライクからの直球を左翼スタンドへ叩き込み2点を先制した。さらに五回には栗原陵矢選手が代わったばかりの川原弘之投手の初球ストレートをとらえてレフトのSANKYUホームランテラスへソロを運び追加点を挙げた。

柳田選手は「しっかりバットを振れた。結果どうこうより、自分のスイングができた。良いスイングができたのがよかった」と振り返った。

紅組の投手陣は完封リレー。スチュワートJr.投手が初回に打球を脛に当てて予定より早く降板したが、森唯斗投手やモイネロ投手が好リリーフ。前回登板で2回6失点と悔しい思いをした古谷優人投手もしっかり修正をして2回無失点と大きな収穫を得た。

白組では3番手の岩嵜翔投手が力強いストレートを投げ込み1回無失点。工藤公康監督も「キレも良かった」と納得の表情だった。また、5番手の尾形崇斗投手も1回を打者3人で抑え、内川聖一選手と栗原選手から三振を奪うなど好アピールをした。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる