2021/06/08(火)選手

【直前】打撃好調な甲斐選手、栗原選手に注目

6月8日(火)~10日(木)ホークス×カープ PayPayドーム

「日本生命セ・パ交流戦」は残り2カード。8日(火)からは本拠地PayPayドームでカープとの3連戦です。

甲子園球場で連勝して地元福岡に戻ってきたホークス。この2試合は10点、8点と打線が活発でした。5日(土)の試合で自身4年ぶりとなる1試合2本塁打を放った甲斐拓也選手は翌6日の試合でも2安打3打点と活躍して、この2試合で計6打点と大活躍しました。

カープ戦といえば、2018年に戦った日本シリーズで見事MVPを獲得した時の対戦相手です。あの時は鉄砲肩の「甲斐キャノン」で全国にその名をアピールしましたが、今年の交流戦では打球もキャノン砲のように鋭く飛んでいくはず。攻守にわたるキャノンに期待大です。

また、ここまでの交流戦では栗原陵矢選手が打率.326、3本塁打、9打点と打線を引っ張っています。現在今季最長の9試合連続安打中。さらに打点も3試合連続でマークしており、このカープ3連戦のバットにも注目です。

カード初戦の先発は武田翔太投手。今季8試合に登板して3勝3敗、防御率2.58の成績を残しています。前回登板は6月1日のベイスターズ戦(横浜)で6回2/3を投げて10奪三振、1失点の力投でした(勝ち負けつかず)。安定感を取り戻した右腕のナイスピッチングに期待です。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる