2021/11/22(月)球団

ホークスJr.快調!帆足監督「こんなに打つとは」

年末に行われる「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」(12月28日開幕、神宮球場および横浜スタジアム)に向けて、福岡ソフトバンクホークスJr.チームは毎週末、主に練習試合を行うなどして若き翼を磨いています。

11月21日(日)はタマホームスタジアム筑後で竹友会選抜、田川選抜と変則ダブルヘッダーで試合を行いました。

帆足和幸監督に「こんなに打つとは思わなかった」と言わせるほどの猛打を見せ、竹友会選抜戦が19-1、田川選抜戦が17-4と圧倒での連勝を飾りました。「点差がついても次の1点を取りに行く姿勢が良かったです」と帆足監督。なかでも第1試合で先発マウンドにも上がった森永悠史選手はバットの方で2戦計3本塁打を放つ大活躍。また、女子選手の野田美咲選手や佐藤瑞希選手もそれぞれ登板するなど躍動していました。

また、前週には関西遠征してタイガース、バファローズ、カープの各Jr.チームと練習試合を行いました。結果は2勝2敗。ただ、なによりも「一緒に泊りがけで遠征していろんな経験もしたことで、さらにコミュニケーションが図れたことでチームがより1つになったと思います」(帆足監督)というように、試合中の声の量も大きさも当初に比べてかなりの成長を感じさせました。

キャプテンを務めている中島齊志選手は「このチームは守備からリズムを作っていき、打撃に繋げていくのが特徴です」といいます。憧れているという柳田悠岐選手や今宮健太選手のように、グラウンドで輝きながらチームを引っ張っていく強い気持ちを胸に「チーム一丸、全員野球で日本一を目指して戦います」と決意を口にしました。

「NPB12球団ジュニアトーナメント KONAMI CUP 2021」の組み合わせはすでに決まっており、ホークスJr.は大会1日目の初戦でマリーンズJr.と横浜スタジアムで対戦します。

関連リンク

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる