2016/08/28(日)選手

五十嵐投手が通算700試合登板を達成しました

五十嵐亮太投手が8月28日(日)のマリーンズ 22回戦(ヤフオクドーム)でプロ通算700試合登板を達成しました。プロ野球史上15人目です。

また、先発を経験せずにデビューからリリーフのみでの連続登板数としては、日本記録を更新し続けています。

五十嵐投手は北海道生まれ千葉育ちの37歳右腕。敬愛学園高校から1997年度ドラフト2位でスワローズに入団しました。プロ初登板は1999年4月20日のドラゴンズ4回戦(神宮)で、12回表に3番手投手としてマウンドに上がり記録しました。

スペシャリストの剛速球右腕です。150キロ台後半もマークするストレートを武器にして、2002年からは3年連続60試合以上登板をマークし、中継ぎと抑えとして活躍。2010年からの3シーズンはアメリカでプレーして、メジャーで通算83試合にも登板しました。

2013年からホークスでプレー。昨季まで3年連続で50試合以上登板し、連覇にも大きく貢献しています。今季はチーム最年長投手。精神的支柱、ムードメーカー、若手の手本にもなる頼もしい存在です。

2016年8月28日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる