2008/10/30(木)球団

ドラフト会議で巽投手ら12人の選手を指名

10月30日(木)、新人選手選択会議(ドラフト会議)が行われ、ホークスは12人の選手を指名しました。(育成選手を含む)
当初、1巡目では大田泰示選手(東海大相模高校)を指名しましたが、ジャイアンツとの抽選で外したため巽真悟投手(近畿大学)を指名しました。
以下、各指名選手の紹介です。

●1巡目
巽真悟(たつみ しんご)。投手。近畿大学。右投左打。右上手から最速149km/hの速球を投げ込む。大学3年時の春季リーグ戦ではリーグ新の23奪三振、さらに翌週の試合では無安打無得点を記録した実績を持つ。

●2巡目
立岡宗一郎(たておか そういちろう)。外野手。鎮西高校。右投右打。走攻守の3拍子で高い能力を持ち、九州ナンバーワン野手と呼び声高い。秋山幸二監督の現役時代を彷彿とさせる。

●3巡目
近田怜王(ちかだ れお)。投手。報徳学園高校。左投左打。高校では下級生時から注目を浴び、今夏の甲子園大会ではチームのベスト8進出の原動力となった。

●4巡目
有馬翔(ありま しょう)。投手。日南学園高校。左投左打。上背はそれほどないが、最速145km/hの剛速球が魅力。2年生夏にエースとして甲子園大会に出場。

●5巡目
摂津正(せっつ ただし)。投手。JR東日本東北。26歳。右投右打。社会人野球の第一線で常に活躍。今夏の都市対抗野球にも七十七銀行の補強選手として出場し先発した。コントロールが武器。

●6巡目
金無英(キム・ムヨン)。投手。福岡レッドワーブラーズ。23歳。右投右打。独立リーグ・福岡の抑え投手。今季は35試合に登板し2勝0敗17セーブ、防御率0.41の安定感を誇った。

●7巡目
鈴木駿也(すずき しゅんや)。投手。山形中央高校。右投右打。最速147km/hを誇る右腕。2年生夏までは内野手だった。将来性豊かな選手。

●育成1巡目
内田好治(うちだ こうじ)。投手。大阪産業大学。右投右打。今秋のリーグ戦で8勝をマークし、チームの4季ぶりの優勝に貢献した本格派右腕。

●育成2巡目
二保旭(にほ あきら)。投手。九州国際大学付属高校。右投右打。最速145km/hの直球が武器。縦のスライダーも得意球。

●育成3巡目
柳川洋平(やながわ ようへい)。投手。福井ミラクルエレファンツ。22歳。右投右打。独立リーグ・福井の先発投手。今季は6勝11敗ながら防御率は2.18を記録した。11完投と体力もある。

●育成4巡目
猪本健太郎(いのもと けんたろう)。捕手。鎮西高校。右投右打。身長183cm、体重80kgの大型捕手。打撃では長打力が魅力。

●育成5巡目
堂上隼人(どううえ はやと)。捕手。香川オリーブガイナーズ。26歳。右投右打。独立リーグ・香川の攻守の要。米大リーグ・レッドソックスも獲得に乗り出したことのある逸材。

2008年10月30日掲載
田尻耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる