2012/12/06(木)球団

2013年度の育成選手の新入団発表。八木選手「やるしかない」と覚悟の言葉

動画キャプチャ

ホークス動画一覧を見る

2013年度育成選手
新入団発表

動画を見る

※iPhone/iPadにての動画視聴に時間を要しておりますので、あらかじめご了承ください

12月6日(木)、2013年度の育成選手新入団発表を福岡市内のホテルで行いました。

育成1巡目入団の八木健史選手(背番号128)は体の強さと強肩が持ち味の大型捕手。「守備をアピールしていきたい」と意気込みを語りました。かつては大学を中退し一度は野球の道を諦めかけましたが、その後クラブチームや独立リーグを経てプロ入りの夢を掴んだ男は「もうやるしかない」と覚悟を決め、「必ず一軍で活躍する選手になります」と誓いました。

育成2巡目入団の大滝勇佑選手(背番号129)は走攻守3拍子揃ったバランスの良い選手。外野手ですが、捕手や内野の経験もあり、器用な一面もあります。「今までテレビで見ていたユニフォームを自分が着ている。身が引き締まる思いです」と表情を硬くし、「厳しい練習に耐えて、プロ野球界を代表する選手になりたい」と決意を述べました。

育成3巡目入団の飯田優也投手(背番号131)は、捕手の飯田一弥選手の実弟です。身長185cmの大型左腕で、武器は「スライダー」といいます。狙うはセットアッパーの一角。「アマ時代もブルペンで5球だけの投球練習や、なかにはベンチから直接マウンドに上がったこともある」といい、フル回転する覚悟で這い上がっていくつもりです。

育成4巡目入団の宮崎駿選手(背番号132)の持ち味は走力と勝負強さ。守備面でも、外野と内野の両方を守れる武器を持っています。また、有名映画監督と同姓同名ということもあり、名前に注目が集まります。「初対面でも名前を覚えてもらえる。ただ、今は名前で注目を浴びているが、技術で注目される選手になって生涯野球でいきたいと思う」と強く誓いました。

ホークスからは今シーズンだけでも4名が育成枠から支配下入りしており、そこから一軍の舞台で活躍する選手も数多くいます。彼らもまた、一日も早い支配下入りと一軍定着を目指して日々精進していきます。

2012年12月6日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

球団一覧へもどる ニュース一覧へもどる