2019/02/27(水)選手

【戦評】出た!甲斐野投手、圧巻の155キロ

2月27日(水)球春みやざきベースボールゲームズ 宮崎アイビー 5700人

ライオンズ 3 2 3 8
ホークス 2 3

※特別ルール

(ホークスのみ)

バッテリー

武田、高橋純、中田、二保、川原、松田遼、甲斐野――甲斐、髙谷、栗原

本塁打

甲斐、真砂

スタメン

9上林 6今宮 8柳田 3内川聖一 D中村晃 5松田宣 7福田 2甲斐 4牧原 P武田

戦評

ドラフト1位ルーキーの甲斐野投手が対外試合初登板で、昨季1位のレオ打線を相手に最高のデモンストレーションをしてみせた。最初の打者は150キロ超を2球で追い込むと「勝負したかった決め球」というフォークで空振り三振を奪った。続く打者を内野ゴロに打ち取り、3人目の初球には今キャンプ自身最速の155キロを計測。最後はバットをへし折って三ゴロに仕留めた。「マウンドに入るまで緊張していたけど、腹をくくっていきました」と度胸満点ぶりも発揮した。

また、7回に登板した川原投手は最速152キロをマークして1回1安打無失点。「最後は狙ってゲッツーが取れた」と納得顔で、「支配下登録に向けてどんどんアピールしていきたい」と背番号3桁からの卒業へ闘志を燃やした。

打線では甲斐選手が「チーム1号」の本塁打を右翼席に放った。「結果的にホームランになっただけ。でも、今までやって来たことを少しは出せたのかなと思います」と振り返った。今季は打撃でもチームに貢献したいと意気込み、打率2割8分以上を目標に掲げている。さらに1軍定着を狙っている7年目の真砂選手にも逆方向への一発が飛び出した。真砂選手は26日のイーグルス戦でも三塁打を放っており、2試合連続で長打を記録した。

2019年2月27日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる