2019/04/10(水)選手

【直前】「大竹投手のために」打撃陣が熱い

4月10日(水)、11日(木)ホークス×ファイターズ ヤフオクドーム

ファイターズ3連戦の残り2試合はヤフオクドームで行われます。長崎での激戦を終えたナインは、バスに乗って福岡に戻りました。厳しい戦いの疲れがまったくないと言えばウソになりますが、自宅などに戻って過ごし慣れた環境の中でぐっすり眠り体力はばっちり回復。10日(水)の試合前練習は少し短縮するなど首脳陣もコンディション作りに努め、まずは「カード勝ち越し」を目標に、目の前のファイターズ戦に挑んでいきます。

10日の先発は大竹耕太郎投手です。前回の今季初登板だった4月3日のバファローズ戦(京セラドーム)では7回96球、6安打、5奪三振、1四球で無失点という好投を見せました。投手陣が踏ん張って0対0の引き分けに持ち込んだゲームです。その1週間前のこともあるので、打撃陣は「今度は大竹の為に」と援護射撃へ熱く燃えています。

9日の試合では3番に座った内川聖一選手がきっちりタイムリーを放ちました。7日の試合で今季1号ホームランを記録してから2試合続けての打点。ポイントゲッターとして期待が高まります。さらに開幕から好調な松田宣浩選手は7試合連続安打中です。打率は3割台をずっとキープしており、熱いといえばやはり松田選手ということで期待は必至です。

2019年4月10日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる