2020/03/23(月)選手

【戦評】バレンティン選手がまた特大アーチ!

3月22日(日)ホークス6-2マリーンズ PayPayドーム

マリーンズとの練習試合で3連勝を飾った。

二回、無死満塁のチャンスから7番遊撃でスタメン出場した西田哲朗選手が「チャンスだったし、どんどん積極的に打ちにいきました」と中前適時打を放ち1点を先制。四回には6番で先発マスクの栗原陵矢選手が右翼の「福岡トヨタ ホームランテラス」に飛び込むソロ本塁打を放って追加点を挙げた。栗原選手は「打ったのはカーブです。少し崩されましたが、強いスイングで上手く反応して打てました。必死に食らいついてアピールを続けていきたいです」と力強く語った。

五回表に追いつかれたが、その裏にバレンティン選手が特大の2ランを左翼ポール際へ叩き込んで勝ち越しに成功。バレンティン選手は2戦連発で、マリーンズ戦は出場4試合目で3本目の一発となった。八回には牧原大成選手が右翼フェンス直撃の2点二塁打を放ってダメ押しした。

先発マウンドに上がったのは松本裕樹投手。前回登板の14日のカープ戦(PayPayドーム)で152キロをマークして「自己最速」と話していた右腕は、この日の四回の角中選手への4球目に153キロを計測してまたしても自己記録を塗り替えた。また、前回は三回までに70球を費やしたが、この日は四回まで47球で無安打無失点に抑える快投。五回に2点を失ったものの、5回2失点の結果に工藤公康監督は「内容が前回より上がっているし、2失点したけど5回で2点だからね。自分で勝負に行くところは力を入れて投げたりしていた」と高評価していた。

リリーフ陣では川原弘之投手と最終回に投げたサファテ投手が1回を打者3人でしっかり抑えた。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる