2014/02/02(日)選手

選手会野球教室で内川選手、五十嵐投手ら総勢22名が熱血指導!

選手画像

選手画像

選手画像

2月2日(日)春季キャンプ中のアイビースタジアムにて、ホークス選手会主催の野球教室を行いました。投手では攝津正投手や地元出身の寺原隼人投手、新加入の中田賢一投手、若手の東浜巨投手や千賀滉大投手ら9名が参加。野手では松田宣浩選手や本多雄一選手、内川聖一選手、鶴岡慎也選手、柳田悠岐選手、今宮健太選手ら13選手が顔をそろえ、宮崎県内18チーム120名の子どもたちに野球技術を指導したり、質問に応えたりしました。

ピッチング指導では五十嵐亮太投手が手とり足とりの熱血指導を見せたり、中田投手が丁寧に握り方を教えたりするなど子どもたちと貴重な時間を過ごしました。また、打撃指導では内川選手が「バットを構えるのは、僕は一番力が抜けるところが良いと思う。それはどこか。僕は傘を持つようなイメージで、バットを構える」と話し、長谷川選手は「バットは振るけど目は振らない」という合言葉を作り、軸を大事にするような打撃を指導しました。

2014年2月2日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる