2015/12/24(木)選手

松田選手「ホークスで3,4,5連覇を目指して」

動画キャプチャ

ホークス動画一覧を見る

松田宣浩選手記者会見

動画を見る

※iPhone/iPadにての動画視聴に時間を要しておりますので、あらかじめご了承ください

選手画像

選手画像

12月24日(木)、海外FA権を行使していた松田宣浩選手がヤフオクドームで会見を行い、来季からもホークスでプレーする意向を表明しました。

チームカラーの黄色のネクタイを締めて会見に臨んだ松田選手は「メジャー挑戦かホークス残留かずいぶんと悩みました」とこれまでの心境を明かしましたが、「12月20日に王会長から連絡を頂き『来年も一緒に日本一を目指そう』という言葉を掛けて頂いた中で、『メジャーでやります』とはならなかった」と決断に至った経緯を話しました。

松田選手は2005年大学・社会人ほかドラフト希望枠でホークスに入団。今季はフルイニング出場と自己最多となるシーズン35本塁打をマーク、さらに選手会長としてチームの先頭に立ち、リーグ連覇と球団初2年連続日本一に大きく貢献しました。

以下、主な一問一答

――残留を決めた今の気持ちは?
「ホークスに残って野球がすることを決めたので、来年の3連覇を目指して、そして4連覇、5連覇を目指していくその一員になれることを、今は嬉しく感じています」

――ずいぶん気持ちが揺れたのでは?
「正直、今回海外FA権を行使するにあたって、自分がどれだけメジャーの球団に評価をされているか知りたかった。その中で複数の球団が興味を持ってくれたので、これまでの野球人生は間違っていなかったと感じることが出来たので、今回はいい経験が出来たと思います」

――残留を望む声も耳に届いていたと思います。どのように感じていましたか?
「やはり、チームメイトやファンの方の『ホークスに残ってくれ』「日本一を見せてくれ」という言葉はたくさん聞きました。ただ、権利を行使した以上、メジャーでやってみたいという気持ち、行く覚悟もありました。でも、12月20日に王会長から連絡を頂いて、『来年も一緒にやると思っているよ』と言って頂いた時に、『会長、メジャーに行きます』とは言えませんでした。その時に決めました」

――やはり福岡で
「ホークス残留を決めたので、とことん野球に打ち込んで、日本一に導きたいと思っています」

――ホークスにとっていいクリスマスプレゼントになりました。
「僕自身いい決断をしたと思って、来シーズンも一生懸命プレーしたいと思います」

――背番号については?
「色々報道もありましたが、考えた中で、やはり10年間つけてきた5番を。王会長から入団1年目に5番を頂き、今回も王会長との電話で決断したのでそのまま5番で行きたいと思います」

――チームの中でこれからもより存在感が増していくと思います
「当然、残る以上はチームの日本一のために一生懸命やらないといけない。また新たな松田宣浩を作っていかないといけない。ただ2015年、『熱男』のもとでプレーできたのは僕の野球人生の中でも大きかった。来年、スローガンは変わるかもしれないけど、僕は『熱男』で行きたいと思います」

――4年契約になります。現役をホークスで全うするという覚悟ですか?
「4年間、怪我なくずっと試合に出続けていく目標ができました。一生懸命やります」

――来季に向けて
「プレミア12が終わって今日まで、とことん悩み抜いて疲れましたが、しっかり切り替えて、体を鍛えて、戦える準備をしたい。サードのポジションを自分が守るという強い気持ちでやっていきますし、バッティングもまだまだ数字は上がると頑張っていきます。来年もまたキャリアハイを目指してやっていきます」

――ファンの皆様へメッセージを
「今回、悩みましたが残留を決めたので、またホークスの一員として日本一を目指していきます。温かいご声援をよろしくお願いします」

2015年12月24日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

関連リンク > 松田 宣浩
関連リンク > 個人成績
関連リンク > メディア出演情報

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる