2011/06/18(土)選手

杉内投手が通算1500奪三振を達成しました

杉内投手

杉内俊哉投手が6月18日(土)のベイスターズ3回戦(横浜スタジアム)の6回に、石川選手から三振を奪い、プロ通算1500奪三振を達成しました。プロ野球史上50人目です。

杉内投手は鹿児島実業高校から三菱重工長崎を経て2001年ドラフト3巡目で入団。プロ初奪三振は2002年4月1日のマリーンズ1回戦(福岡ドーム=当時)でサブロー選手から記録しました。

2008年(213個)と2009年(204個)には2年連続で最多奪三振のタイトルを獲得。昨季まで3年連続でシーズン200奪三振以上をマークしており、球界を代表する「ドクターK」が、また新たな勲章を手にしました。

2011年6月18日掲載
田尻 耕太郎(ホークスオフィシャルメディア)

関連リンク > 杉内 俊哉
関連リンク > 試合日程・結果
関連リンク > 順位表
関連リンク > メディア出演情報
関連リンク > チケット情報を見る

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる