2017/02/25(土)選手

侍ジャパン相手に完封勝利!東浜投手が好投

2月25日(土)、春季キャンプは最終の第6クールがスタートしました。

A組は今季初の対外試合。同じ宮崎市内で合宿を行っている侍ジャパンとの一戦を、KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎にて行いました。

若鷹も多く出場し、自身の力がどこまで通用するのかを試したり、自信をつけたりするのにこれ以上ない相手です。試合はホークスが5回に先制。塚田正義選手のタイムリーで1点を奪うと、8回にも牧原大成選手がセンターへタイムリーを放って追加点を挙げました。投げては先発の東浜巨投手が3回無失点と好投すると、後続の投手陣もゼロを並べました。見事2対0でホークスが勝利。中継ぎ左腕の一軍枠を争う飯田優也投手、嘉弥真新也投手、笠原大芽投手もそれぞれ1回無失点と好アピールしました。

工藤公康監督は「みんなよく投げてくれた」と投手陣を評価。3年連続となる対外試合初戦の完封勝利には「それほど気にしていない」言いながらも、「侍ジャパンという名前を知っている選手ばかりの相手にもひるむことなく投げていた。しっかり課題が見えた選手もいるし、練習に生かしてほしい。満足せずに競争の中にいるという意識を持ってほしい」と話していました。

東浜投手は「全体的には良かったと思わないが、いいボールも何球かありました」とやや厳しめの自己評価。それでもボールが伸びており、球速以上に相手打者は苦戦。差し込まれる打撃が目立っていました。

また、生目の杜運動公園ではB組がジャイアンツと練習試合を行いました。先発は松坂大輔投手。2回1安打1失点の内容でしたが、初回は見逃し三振1つを含む三者凡退と好投を見せました。

2017年2月25日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる