2017/09/01(金)選手

【直前】優勝M点灯は目前!盤石ローテで勝ち進む

選手画像

選手画像

選手画像

【9月1日(金)~3日(日)ホークス×イーグルス ヤフオクドーム】

いよいよラストスパートの9月となりました。V奪回へのカウントダウンがまもなく始まります。

9月1日(金)から本拠地ヤフオクドームにイーグルスを迎えての3連戦です。このカードで1つでも勝つか引き分ければ優勝マジックが点灯します。なので、最短は1日(金)。勝てば「16」、引き分けでも「17」が点灯します。

今季のイーグルス戦9勝9敗の五分ですが、ホークスが4連勝中です。前回のカード(8月18日~20日)は3戦全勝しました。

初戦の先発は“パ最多勝右腕”の東浜巨投手。ここまで13勝はリーグ1位タイです。自身初のタイトル獲得へさらに加速していきたいところ。イーグルス戦は3勝2敗、防御率2.57の成績を残しています。東浜投手をはじめ、この3連戦で先発予定の千賀滉大投手(2日)、和田毅投手(3日)は北海道遠征に帯同せずに筑後市の球団ファーム施設で調整を行ってきました。前回登板で会心の復活白星を飾った和田毅投手の投球にも注目。さらにサファテ投手が8月31日(木)のファイターズ戦(札幌ドーム)でシーズン44セーブのパ・リーグ新記録を樹立しました。次に見据えるのはプロ野球記録(46=2005年、中日・岩瀬投手/2007年、阪神・藤川投手)超えです。

打線は地元福岡に戻って、もう一段ギアを上げたいところ。イーグルス戦では柳田悠岐選手が打率.362、2本塁打、10打点とよく打っています。さらに四球も多く、出塁率は.513を記録しています。

そのほかでは旭川で自身最多の11号本塁打を放った今宮健太選手が、イーグルス戦で打率.313をマーク。デスパイネ選手は3本塁打、14打点がいずれもチーム最多です。

公式サイト内には「終盤戦応援特設サイト」も登場。限定のグッズやグルメも登場し、楽しく、熱く、V奪回ロードを突き進むホークスを応援しましょう。

2017年9月1日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる