2018/10/18(木)選手

高橋礼投手が「侍ジャパン」入り!「驚きました」

高橋礼投手が侍ジャパンに追加招集されました。

11月に開催される「2018日米野球」に出場し、MLBオールスターチームと対戦します。

10月18日(木)にその報を受けた高橋礼投手は「驚きましたが、とても嬉しく光栄に思っています。対戦する打者がアンダースローからの浮き上がる球を見てどう反応するか、自分が自信を持っているストレートがどれだけ通用するか、すごく楽しみです。貴重な機会なのでいろんなことを学んで今後の糧にしたいと思います」と喜びの声を寄せました。

高橋礼投手は今季がプロ1年目。専修大学からドラフト2巡目で入団しました。右アンダースロー投手の中では異例の140キロを超えるストレートを武器としており、12試合に登板して0勝1敗、防御率3.00の成績を残しました。シーズン序盤こそ苦戦をしましたが、ファームで「肘の位置をほんの気持ちだけ上げて、手首を立てて投げる」投球フォームに取り組んだことで、持ち前の球の威力がさらに増しました。10月3日のマリーンズ戦(ヤフオクドーム)では先発して4回1安打無失点と好投して、プロ初白星はなりませんでしたが、お立ち台に上がりました。

「2018日米野球」は11月9日(金)に開幕し、東京ドーム、ナゴヤドーム、マツダスタジアムで計6試合が行われます。また、11月7日(水)に壮行試合「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」がヤフオクドームで行われ、チャイニーズ・タイペイと対戦します。18:15プレーボールとなっています。

また、侍ジャパントップチームには東浜巨投手、石川柊太投手、甲斐拓也選手、柳田悠岐選手がすでに選出されています。

2018年10月18日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる