2018/12/13(木)選手

西田選手がBリーグでフリースローに挑戦!

西田哲朗選手が、12月12日(水)に行われたバスケットボールBリーグ「ライジングゼファーフクオカ×名古屋ダイヤモンドドルフィンズ」の試合会場を訪れました。

当日の試合は「フクオカスポーツコラボプロジェクト」として行われ、福岡ソフトバンクホークスとのコラボマッチが初めて実現しました。また、この日は照葉積水ハウスアリーナ(福岡市総合体育館)での初試合でした。

西田選手だけでなく、ホークス球団マスコットの「ハリー」「ハニー」、ヤフオクドームのスタジアムDJ「ツバサ」、オフィシャルダンスチーム「ハニーズ」もライジングゼファーフクオカの応援に駆けつけました。そして同アリーナではNPO法人「ホークスジュニアアカデミー」による野球教室も行われ、新垣渚氏と田口昌徳氏が講師を務めました。

西田選手はハーフタイムに「フリースロー」に挑戦。新垣氏との30秒対決を行って、なんとか3対1で勝利を果たしました。

西田選手が「渚さんに先輩だから勝ってもらおうと思いましたけど、思いのほか入ってなかったんで」と話すと、新垣氏も「現役に勝っちゃいかんやろ」と敢えて(?)花を持たせたと応戦して笑い合っていました。

「バスケは初めて観に来ました。演出も選手の皆さんのパフォーマンスもすごくてシビれます。福岡のチーム同士、刺激し合って切磋琢磨していきたい。それが福岡の為にもなると思うので」

また、高校時代は「大阪の桜木花道と呼ばれていました。レイアップしかできなかったので(笑)」と最後まで笑顔が絶えなかった西田選手。ライジングゼファーフクオカは、一時は10点以上の差を逆転するなど善戦しましたが、残念ながら81対102で敗戦となってしまいました。でも、リーグ戦はまだまだ続きます。今後も福岡をともに熱くなって盛り上げていきましょう!

2018年12月13日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

関連リンク

西田 哲朗

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる