2019/06/14(金)選手

【直前】上林選手が一軍に「強く振れる」

6月14日(金)~16日(日)ホークス×ベイスターズ ヤフオクドーム

「日本生命セ・パ交流戦」は今日から後半戦となります。残りは3カード。14日(金)からはベイスターズを本拠地ヤフオクドームに迎えての3連戦です。

ベイスターズとは昨年もヤフオクドームで戦って見事3連勝を飾りました。昨年のカード初戦を振り返ると、今日14日と同じ千賀滉大投手と今永投手のマッチアップでした。その試合での千賀投手は6回途中までの登板でしたが2失点とゲームメイクをして勝利投手に。打線は今永投手を相手に上林誠知選手、甲斐拓也選手、柳田悠岐選手が一発を放ち6対2で快勝しました。

千賀投手はここまで防御率1.46、奪三振106、勝率.857がリーグトップ。6勝は高橋礼投手と並んで2位です。そして5月度の「日本生命月間MVP」にも輝きました。一方で今永投手も5月は月間MVPを受賞し防御率と勝利数でセ・リーグ1位に立つ左腕です。

「今年に関しては2人とも良い感じですね。(投げ合いは)楽しみです」

じつは昨年1月に福岡県内の自主トレで共に高め合った仲でもあります。「僕は相手ピッチャーを意識する方。投げ合う中で楽しみな一人だし、いいピッチングを見るのは楽しい」と気合を込めました。

また、先ほどの名前の出てきた上林選手が一軍に帰ってきます。先週7日からの三軍韓国遠征に帯同して本塁打をマーク。二軍戦には今週3試合に出場して打率.300、5打点の成績を残してきました。「(一軍は)思ったより早かったけど、試合勘もちょっとは戻ったと思います。強く振れる状態です」と話し、全体練習前のアーリーワークにも顔を出して精力的に準備を行っていました。

2019年6月14日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる