2019/09/19(木)選手

【直前】千賀投手が“快挙”以来の地元登板!

9月19日(木)ホークス×バファローズ ヤフオクドーム

本拠地4連戦の2試合目はバファローズとの対戦です。今季対戦成績は13勝6敗1分と大きく勝ち越しています。現在、ホークスは苦しいところですが、逆転優勝への熱い闘志はますます燃え上っています。一戦必勝。目の前の試合に全力で臨み、そして勝つ。チームもファンも一丸、思いはただ一つ、歓喜のゴールです。

必勝を期して先発マウンドに上がるのは、エースの千賀滉大投手です。

ここまで13勝はリーグトップに1差。防御率2.83もリーグ2位、奪三振214はリーグ断トツです。9月6日で球団76年ぶりのノーヒットノーランを達成して、偉業後初となるヤフオクドームのマウンドです。球場グルメもこの日から千賀投手の快挙を祝して「ヒット無シゴレン」が新発売されるなど、あらゆるシーンから千賀投手の快投再現を後押ししています。前回登板はメットライフドームでのライオンズ首位攻防戦で、この時も8回1失点と好投しました。現在2連勝中の右腕は「引き続き状態はいいです。集中という2文字で頑張りたい」と意気込みを口にしました。

一方の打線は6試合連続5得点以下と少し元気がないだけに、一つのきっかけを掴んで再び活発化したいところです。相手先発は若手の榊原投手。今季は2度対戦がありました。内川聖一選手が3打数2安打、今宮健太選手が5打数2安打をマークしています。また、デスパイネ選手は4打数1安打ですが、その1安打が本塁打。2四球も選んでおり、期待がかかるところです。カード別成績ではグラシアル選手が打率.358、4本塁打、9打点と好相性。松田宣浩選手はチーム最多の16打点と勝負強さを見せています。

2019年9月19日掲載
田尻 耕太郎(スポーツライター)

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる