2019/10/19(土)選手

【直前】千賀投手「光栄」3年連続で初戦先発

10月19日(土) SMBC日本シリーズ2019 第1戦 ヤフオクドーム

ホークス初の3年連続日本一、そして60年ぶりの「打倒巨人」を果たすための頂上決戦――。

「SMBC日本シリーズ2019」がいよいよ開幕します。第1戦の舞台は地元のヤフオクドームです。

ホークスは「2019 パーソル クライマックスシリーズ パ」のファイナルステージでポストシーズン新記録の4試合連続2桁安打をマークする猛打で見事4連勝突破を決めました。日本シリーズ前の調整期間で行われた紅白戦でも柳田悠岐選手と牧原大成選手に本塁打が飛び出し、クライマックスシリーズMVPの今宮健太選手は3打数3安打と絶好調を維持。工藤公康監督も「みんな、状態をキープしてくれていると思います」と頼もしげに見つめています。

工藤監督は選手たちへ「心の準備、体の準備、頭の準備」と3つの準備を大切にするように声掛けをしました。データをしっかり整理し、コンディションを整え、集中力を研ぎ澄ませて大一番へ挑んでいく。クライマックスシリーズのファーストステージ第2戦から現在6連勝中のホークスの強さの一つは、集中力の高さにあります。「ここ一番で点を取れる。早い回から先制できるのは集中力があるから」と工藤監督。日本シリーズでのその戦い方はそのまま貫きます。

そして先発マウンドに上がるのは「エース」の千賀滉大投手です。2017年、2018年に続いて3年連続で日本シリーズ第1戦の先発を任されるのはプロ野球史上41年ぶり3人目となります。「光栄です」と大事な登板を任される意味もしっかり胸の中に持って、戦いの場に臨んでいきます。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる