2020/02/20(木)選手

和田投手「僕のルール」でワクチンを寄付

和田毅投手が毎年行っている「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」を通じてワクチンを寄贈する活動。2005年シーズンから試合で1球を投じるごとにワクチンを10本、勝利した試合は1球ごとに20本、完投勝利はそれを30本など「僕のルール」を設定して寄付する活動を続けています。

昨シーズンの「僕のルール」に応じた本数、35,820本分(金額にして2,568,600円)を同委員会に寄付しました。

なお、和田投手のこれまでの支援の合計は、ワクチン567,890人分、金額にして約3,360万円となりました。

「僕のルール」の内訳は次の通りです。

投球数に応じたワクチンの寄付

◎公式戦での投球数1 球につき:ワクチン10 本を寄付
勝利投手となった場合 1 球につき:ワクチン20 本へ変更
完投勝利となった場合 1 球につき:ワクチン30 本へ変更
完封勝利となった場合 1 球につき:ワクチン40 本へ変更
◎オールスターゲームに登板したとき 1 球につき:ワクチン100 本

チーム、自身の成績に応じたワクチンの寄付

◎パ・リーグ優勝の場合: ワクチン10,000 本を加算

◎クライマックスシリーズ優勝の場合: ワクチン10,000 本加算

◎日本シリーズ優勝の場合: ワクチン10,000 本加算

◎最多賞・最優秀防御率・沢村賞等、個人タイトルを獲得した場合
タイトル1 つにつき、: ワクチン10,000 本加算

この日は同委員会の細川佳代子委員長から感謝状が贈られました。

和田投手は「昨年は1年半ぶりに一軍で投げることができました。前年寄付分は投げられない中で、背番号21番にプラス1万本した3万1千本でした。その数より今回は増やせたし、重みを感じます。今年は昨年以上に投げられるよう、しっかり頑張ります」と誓いを立てていました。

関連リンク

選手一覧へもどる ニュース一覧へもどる